日本テコンドー協会が行う国内強化合宿に日本代表選手が、日本代表の活動に不手際が続き、強化指定選手らが同協会に意見書を出したものの回答がないまま招集され大多数の選手が不参加となっている問題についてまとめました。

スポンサーリンク

テコンドー日本代表の不手際内容とは

関連記事:テコンドー問題解決!金原元理事含め総辞職へ今後どうなる?

原因は近年、不手際続きの日本代表の活動に対し強化指定選手らが協会に意見書を出したが回答がないまま招集されたことに選手たちが不信感をもち大多数の選手が不参加を表明したとのことです。

 

元々テコンドーの団体というのは分裂しているようで(WTFとITF)簡単に言えば韓国系と北朝鮮系。そういう背景を持っている上に金銭関係の不正もからんでいるようです。

 

世間の声から、テコンドー協会なんていらないんじゃないの?などオリンピックに出るなら個人エントリーで行けばいのでは?国際大会も個人負担か、非認定団体の負担で派遣JOCは一切関しないのが一番平和なのでは?などいろりろと世間では様々な声が上がっています。

 

全日本テコンドー協会の総会が20196.30に開かれ、日本代表の強化に携わる2人の理事の再任が否決された。金原昇会長は同じ理事2人の再任にこだわる意思を示しており、2020年東京五輪を約1年後に控え、強化の中枢が混乱する事態になっている。

 

不手際の詳細内容について明かされいないのですが、ツイッター上ではこのような情報が上がっています。

スポンサーリンク

今後一体どうなる

野田聖子さんがテコンドー協会の名誉会長ともあるわけですから、仕切り直しが入るかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

テコンドー日本代表の不手際内容まとめ

テコンドー協会の分裂問題の及び、金銭関係の不正がたたって不信感をもち大多数の選手が不参加を表明したのではないかということをまとめました。

選手たちが競技に専念できるように早急に解決することを願いたいですね。

関連記事:世界テコンドー連盟(WT)へ嘘の報告書を作ったのは誰?

スポンサーリンク