2020年1月28日、日銀の審議委員について丸三証券の経済調査部長を務める安達誠司さんが就任する見通しで、世間の注目が集まっています。今回は安達誠司さんの経歴や年収、大学や高校についてまとめました。

スポンサーリンク

安達誠司のプロフィール

生年月日:1965年 ※(月日は不明)

出身地:福岡県 久留米市

出身大学:東京大学経済学部卒業

スポンサーリンク

安達誠司の経歴

①大和総研経済調査部

②富士投信投資顧問、

③クレディ・スイスファーストボストン証券会社経済調査部、

④ドイツ証券経済調査部シニアエコノミスト

現在:丸三証券経済調査部長

著書
【単著】
『デフレは終わるのか』(東洋経済新報社)
『脱デフレの歴史分析―「政策レジーム」転換でたどる近代日本』(藤原書店)
『円の足枷―日本経済「完全復活」への道筋』(東洋経済新報社)
『恐慌脱出―危機克服は歴史に学べ』(東洋経済新報社)
『円高の正体』(光文社)
『ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める』(幻冬舎)
『中国経済はどこまで崩壊するのか』(PHP研究所)
『ザ・トランポノミクス 日本はアメリカ復活の波に乗れるか』(朝日新聞出版)

スポンサーリンク

安達誠司の高校は?

安達誠司の出身高校の情報を探してみましたが、公開されておらず、Wikipediaなどでも出身大学である東京大学までは公開されてありました。

安達誠司さんの出身は福岡県久留米市ということで、この久留米市出身は「孫正義」「堀江貴文」など高学歴かつ有名人を輩出している地域でもあります。

よってこの2人の出身高校を調べたところ

久留米大学付属高校 偏差値75 でした。

安達誠司さんもひょっとしたら孫正義、堀江貴文と一緒の出身地であり、更には堀江貴文と同じ東京大学への進学をされているので、久留米大学付属高校出身である可能性があります。

スポンサーリンク

安達誠司の年収は?

安達誠司さんの勤める丸三証券の年収について平均年収.jpは次のように情報を公開しています。

丸三証券の年収の平均は、653万円でした。(有価証券報告書調べ)
年度別の年収は
平成29年:647万円
平成28年3月:658万円
平成27年3月:655万円
平成26年3月:684万円
平成25年3月:607万円
平成24年3月:562万円
平成23年3月:570万円
平成22年3月:527万円
ここ数年での年収推移は527万円(最低)~684万円(最高)となっています。
給料:約50.4万円
丸三証券とは:丸三証券とは日本の証券会社のひとつであり、業界内では中堅に属します。
兜町という日本の経済を司る町に本社を構え、日夜投資戦略を練っているといいます。
本社所在地:東京都千代田区麹町3丁目3番6号
丸三証券の設立時期:1944年3月22日

引用:https://heikinnenshu.jp/kininaru/marusan-sec.html

そして、安達誠司さんは丸三証券経済調査部長ですので、平均年収.jpによると

平均年収1,080.7万円

平均月額給料69.6万円

平均ボーナス286.6万円

引用:https://heikinnenshu.jp/kininaru/marusan-sec.html

安達誠司さんは、多くの本を執筆されているのでこちらの平均年収以上に間違いなくあると思われます。

よって、最低でも1,080.7万円以上と思われます。

スポンサーリンク