沢尻エリカさんの違法薬物所持による逮捕で、業界内では薬物疑惑が囁かれてきただけに、ついにという感は否めないそんな沢尻エリカさんの過去(ルーツ)につて調査してみたところ耳を疑うようなことがわかりました。

スポンサーリンク

沢尻エリカさん薬物に手を染めるまでの過程

麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された沢尻エリカさん容疑者。調べに対し長年にわたって違法薬物を使っていた、mdma も以前から使用していたと供述しています。

 

さかのぼること2009年9月。当時所属していた芸能事務所を契約解除され、当時は重大な契約違反となる不正な行動があったとされましたが簡単に言えば抜き打ち検査で大麻の陽性反応が出たといわれています。

 

その年の1月にハイパーメディアクリエーターの高城剛氏と結婚したが性に奔放な沢尻容疑者は当時から他の男性の関係を繰り返しており高城剛氏との関係も悪くなっていったそうです。

 

mdma という違法薬物は一般的に恍惚感が得られるのでクラブや性行為で使われ、覚醒剤よりも代謝が早いため芸能人は次の仕事まで時間がある時などコントロールし使用することも考えられるそうなのです。結局、高城剛氏と離婚した沢尻エリカさん。

 

沢尻エリカさんはここ8年前程からデザイナーの男性と恋人関係にあり、マスコミ界では大河の出演が決まり本腰で女優業に専念するため男性とは夏前に破局したと報道されました。

 

しかし、最近になって復縁したとされ、2019年11月18日付スポーツニッポンはmdma について沢尻エリカ氏が交際中の男性からもらったと供述していると報じているのです。

 

今回沢尻エリカ容疑者は渋谷のクラブで催されたイベントに参加した後逮捕されましたが、クラブで六本木ヒルズのあやしいパーティーでもよく目撃されていました。

 

パーティーに頻繁に出入りして薬物を入手していた疑いが強く薬物事情に詳しい関係者はいったん違法薬物の味にハマってしまうと、別れたりくっついたりを繰り返しながらやめられなくなっていくというものなのだそうです。

 

感情の起伏が激しいことでも知られいた沢尻エリカさん。ドラマや映画の共演者と衝突することもしばしばあったというのです。

 

来年の nhk 大河ドラマ麒麟が来るでも共演の門脇麦とはかなり険悪な状況だったとの噂があるようです。こうした一面にも薬物の影響がささやかれているのです。

 

沢尻エリカさんの危険な夜遊びを加速させていき薬物にまで手を染めることとなったルーツを調査しました。