エンタメ

小沢仁志の現在と若い頃は?やくざと関係は?吉永小百合桁違い最強説!?

小沢仁志の顔の画像エンタメ

小沢仁志さん身長180㎝そして愛称は”顔面凶器”。Vシネマの帝王と言われる所以は現在500本以上の作品に出演する大俳優。ヤクザ役のイメージと裏腹な一面などを含め小沢仁志の現在と若い頃や気になるやくざと関係について更に吉永小百合が喧嘩仲裁したエピソードをまとめます。

小沢仁志の現在は?

小沢仁志さん現在57歳(2020年2月時点)、プロフィールをざっくり見て初めに身長がなんと180㎝と高身長!役者映えするであろう高身長と強面、愛称が”顔面凶器”ってすごいですよね。
ざっくり、プロフィールを確認したところで小沢仁志さんの現在を見ていきたいと思います。

プロフィール

名前:小沢仁志(おざわひとし)
愛称:顔面凶器
生年月日:1962年6月19日(57歳)
出生地:東京都中野区
身長:180 cm
血液型:A型
サイズ:体重70kg 股下83cm B100cm W80cm H90cm 首回り41cm 靴26.5cm 頭回64cm
職業:俳優、映画監督
学歴:駿台学園高等学校卒業
趣味:日なたぼっこ
特技:空手二段 柔道初段 剣道初段 運転免許(普通、自二)
活動期間:983年 ~ 現在
著名な家族:小沢和義(弟)※弟さんも強面で有名
事務所:BIG MOUNTAIN
公式サイト:https://bigmountain.tokyo/

引用:https://bigmountain.tokyo/actor/ozawa_h/

小沢仁志の現在の出演作とTV出演

2020年3月25日には38作目となる小沢仁志さん主演『日本統一』やその他にも息の長い作品が多数ありVシネマの帝王と呼ばれ現在は顔面凶器という愛称がつく、強面で今尚活躍中と目が離せない大俳優。そんな小沢仁志さんは現在も主にはシネマ俳優として活動中です。

さすが愛称”顔面凶器”なだけあって、息の長い作品は「悪役」&「ヤクザ」役が主!
今年に入って小沢仁志さんの代表作の1つでファンも多数の2作がリリースし更に注目を集めているようです。

 

小沢仁志さん主演で最新作は、『日本極道戦争 第五章』シリーズ最新作(2月25日リリース)

日本極道戦争

 

更に小沢仁志さん出演しているこちら、『日本統一38』シリーズ最新作(3月25日リリース)

ヤクザ役でなぜか保育園の園長として子供相手に大奮闘する「無認可保育園 歌舞伎町 ひよこ組」(2007)
小沢仁志さんが保育園の園長をヤクザの格好して演じているという面白い映画も出演!

小沢仁志さんの若い頃のサラリーマン役も衝撃だがこちらもかなり衝撃的です!!

小沢仁志保育園の園長

出典:https://movie.walkerplus.com/mv36737/

 

 

桜を見る会(2019年)も出席する小沢仁志さん
9:40~辺りから出現します!

映画以外にも、テレビにもちょくちょく出演されていますが、あくまで、バラエティー番組に出演するのは、Vシネマとオリジナルビデオの布教活動というスタンスで出演されていることを公言しています。

そんな、小沢仁志さんと仲がよ良いと言われている”明石家さんま”さん。さんまさんが司会をつとめる『踊る!さんま御殿!!』には何度かTV出演され、顔面凶器と言われている小沢仁志さんですがこの時はとてもやさしい顔をみせています。

小沢仁志の現在、ディズニー愛炸裂&猫好き

ディズニーランドには2019年は計3,4回行かれ、特に「イッツ・ア・スモールワールド」が1番好きな小沢仁志さん。心が洗われる感じがするので大好きだそうです。その他の小沢さん押しは、『ホーンテッドマンション』、『カリブの海賊』だそうです。

 

ディズーニー好きとあって、今まで一度も行ったことがない有吉弘行の案内係に選ばれて、テレビの企画で2018年6月5日放送のTV番組に出演しました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

UNIQLOから貰った もう一つのミッキー❗️笑 俺が着ると、ミッキーにみえない💦 #UNIQLO

小沢仁志 Ozawa Hitoshi(@ozawa_hitoshi)がシェアした投稿 –

更に、ディズニー映画では『アナと雪の女王』をみて泣いたという驚きの事実を告白、『マレフィセント』でも泣いたともインタビューでは答えていました。

 

そして、ディズニー以外では猫が好きで自身のInstagramにたまにではありますが猫が登場しています。ご実家では猫を飼われているようで帰省した際に猫とたわむれているインスタもあげておられ、イメージとのギャップも魅力の1つである小沢仁志さんです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

紅葉よ、さらば❗️

小沢仁志 Ozawa Hitoshi(@ozawa_hitoshi)がシェアした投稿 –

小沢仁志の現在、サングラスやファッション(服、靴、アクセサリー)こだわり

小沢仁志さんはいつもサングラスや眼鏡をかけていますが、身に着けるものにもこだわりを持たれています。

サングラスは、999.9フォーナインズ)で小沢モデルという別注のサングラスを身に付けられていることが多く気に入ったデザインは色違いで注文している様子をInstagramで紹介しています。

ファッションもお気に入りの普段着があるようでこちらは、スエットや帽子更にはスマホケースもブスターMOBSTAR JAPAN)を使用しています。

小沢仁志スマホケース

 

特にスマホケースは別注の本革のものを使用されています。

 

靴はDJJuvenile Delinquent)がお気に入りのようで、オーダーメイドしています。

小沢仁志宇の靴の画像

 

 

小沢仁志さんアクセサリーもオーダーメイドのもの愛用しているようで、石垣島にあるハンドメイドアクセサリーショップJALAN ARTSを多く使用していること自身のInstagramで紹介していました。

 

小沢仁志さんが身に付けられている小物はオーダーメイドや別注といったこだわりを持っており、とてもオシャレな俳優さんです。

小沢仁志の現在、タトゥーはしているのか?

小沢仁志さんの演じる役はヤクザ役が多いため、体に大きなタトゥーが入っている姿を多くみられますが、実際のところタトゥーを体に入れているのでしょうか?

 

調べてみたところ、小沢仁志さんのプライベートで俳優仲間とのBBQでの様子をInstagramにのせていた画像に、小沢仁志さんの左肩にタトゥーがうっすらと映り込んでおり、公式ブログでは左肩に鳥のタトゥーがはっきりと見える角度からの画像をのせています。

小沢仁志タトゥーの画像

出典:https://ameblo.jp/hitoshi-ozawa/entry-10144741245.html

 

 

小沢仁志の現在、結婚(妻・子供)は?

小沢仁志さんは、兄弟で俳優をされていて弟(小沢和義)さんに関しては情報がありますが、その他の親族である妻、子供といった情報はほとんど皆無です。

 

しかし、公式ブログで唯一公表している情報が、自身について「バツイチ」とだけは明かされています。

よって、少なくとも1度は結婚しております。

その結婚されたお相手である元妻の詳細情報(顔・年齢)などの情報はなく、更にはその元妻との子供がいるのかに関する情報は公表されておらず様々な憶測がされています。

その憶測の中には、奥さんは外国人の方で、子供は現在、芸能人では?などとの噂がネット上で見つかります。

しかし、小沢仁志さん自身が公表したことは一切なく、あくまで噂話で真実ではありません。

小沢仁志の現在、野球チーム「ブルドックス」結成

小沢仁志さんは高校生時代は本気で巨選手になりたいと思うほど、野球が好きで、現在でも芸能界では野球好きで有名のようで、ヤクザ映画(日本統一などで共演)山口祥行さんや本宮泰風さんなど俳優陣と野球チーム「ブルドックス」を作り、試合も行っています。

小沢仁志の野球チームブルソックスの画像

出典:https://lineblog.me/ozawahitoshi/archives/1060849066.html

始球式も出られ、白スーツで現れ球場を圧倒させたとか?小沢仁志さんインタビューでは「今でも俺120キロ出る」と公言。始球式の動画がコチラ↓↓

小沢仁志の若い頃は?

小沢仁志さんの若い頃とは一体どのようだったのでしょうか?

芸能界デビューされる前、高校生の頃は野球選手になって巨人に入りたいと考えたこともあった程の野球好きで、先述しましたが、現在も野球が好きで俳優仲間と野球チームを結成し試合を行っているほど大好きです。

 

高校時代は野球部に所属するも、1年生のときに3年生とケンカして野球部を退部という伝説があります。

 

俳優は高校生の頃から興味をもたれていたそうで、高校卒業後の2年間は劇団みたいなところで過ごされ、事務所に入り本格的に俳優をスタートさせたのが20歳。

 

では芸能界デビュー当初、ヤクザ役定着する以前の若い頃はどうだったのでしょうか?

小沢仁志の若い頃、スクールウォーズで本格的俳優デビュー

初めてのドラマ出演は『太陽にほえろ!』で犯人

小沢仁志若い頃の画像

小沢仁志さんの本格的なデビュー作は「スクールウォーズ」

この作品での役は少年院上がりの不良の「水原亮」の役。

スクールウォーズではあっけなく3回出場で退場となったものの、その存在感は凄くファンの間では「ラスボス」などといわれているようです。

小沢仁志の若い頃、サラリーマン役も!ヤクザや不良役以外(画像)

これは秘蔵?

今やVシネマの帝王、過去にはサラリーマン役もされていました。

こちらは、「ずっとあなたが好きだった」に出演したときのもの。

小沢仁志とやくざと関係は?

小沢仁志さんはVシネマ帝王とよばれ作品は500本以上、その作品のほとんどがヤクザ役。

そして、愛称は「顔面凶器」

俳優の枠をこえプライベートもヤクザと交流があるのでは?と疑いたくなるほどの精度の高いヤクザを演じきり、その演技力に圧倒されます。

 

しかし、これはあくまで役者として「ヤクザ」を演じているのであり、ヤクザとの交流は一切ありません。

小沢仁志の喧嘩に吉永小百合が!

小沢仁志さん2020年で俳優人生38年目となり様々な経験をされているようで、二度死にかけた伝説など話の引き出しが多い俳優さんです。

 

そんな小沢仁志さんですが、俳優人生で強烈に印象に残っていることがあるというのです。

 

2000年、阪本順治監督の映画『新・仁義なき戦い。』に出演時。そして太秦にある東映京都撮影所で、当時大物しか利用してはいけない階段を知らずに利用し大物俳優と喧嘩勃発。

 

そのとき、吉永小百合さんが現れた時の記憶が衝撃的だったというのです。

 

階段の手すりに手をかけながら着物を着た吉永さんがいて、菩薩(ぼさつ)かと思ったもん。きれいすぎて。スターのオーラというより、皇族みたいな感じ。

それで『けんかはダメよ』って笑って、フーッと行っちゃったんだけど、俺らは2人とも『すみませんでした』って言って、それで終わったもん。無理だね、あれは。けんかなんてできない」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00010000-asapostv-ent&p=3

大沢仁志さんのが菩薩というほど、吉永小百合さんはとにかく別格ということだと思いますが、顔面凶器と言われる小沢仁志さんをたった一言で喧嘩をやめさせることのできるあるある意味最強なのかもしれませんね。