中国のコロナウイルス第1告発者である、李文亮医師。SNSで投稿し「デマ罪」で逮捕されるも釈放し公式謝罪。最前線でコロナウイルスと闘いながら自身も感染し2月6日に亡くなられた、李文亮の経歴、死因やスクショ内容についてまとめました。

スポンサーリンク

李文亮の経歴は?

李文亮の顔の画像

1986年生まれ、今年で34歳

遼寧省出身。

2004年に大学を受験、漢大学の七年制の臨床医学学科入学

卒業後は廈門市(アモイ)で3年間働いたで3年間働く。

2014年に武漢に戻り武漢市中心医院眼科医として働く

2020年現地時間2月6日21:30に死去

スポンサーリンク

李文亮の死因

李文亮の顔の画像

2020年に、新型コロナウイルスに感染し亡くなりました

以下がその経緯です。

咳が出始め、翌日には発熱を起こす。この時ようやくN95マスクをつけて予防を行い始めた。

その後、呼吸器のウイルスを検査し、CT検査を受け、新コロナウイルスによる肺炎の可能性が高いということで入院。

更に、李文亮医師の病状は悪化。

2020年現地時間2月6日21:30に死去

李文亮医師の治療内容と費用

治療内容

  1. 抗生物質、
  2. 抗ウイルス薬、
  3. グロブリン、
  4. 酸素

以上を注入

費用

日本円でおよそ80万~95万円(※治療開始半月ほどでの治療費のようです)

スポンサーリンク

李文亮のスクショ内容(患者の検査結果と肺のCT検査の写真)

李文亮医師が大学の同級生らのWeChatグループで「華南海鮮市場で7人のSARS感染者が確認された」と発信したその詳しいスクショの内容について調べてみたところ、

①患者の検査結果

②肺のCT検査の写真

こちらについて詳細(写真や動画)は現在情報が公開されておらず不明です。

スポンサーリンク