自粛ニュース

横浜市パチンコ店(アマテラス)経営者は誰?パチンコは公営ギャンブル

アマテラスの画像自粛ニュース

神奈川県が休業要請を無視して営業しているパチンコ店の店舗名を公表。5月2日の時点で営業を続行している店舗は横浜市にあるパチンコ店アマテラスの1店。今回は横浜店パチンコ店アマテラスの経営者は誰で場所、開店前の様子について調査しました。下に続きます…

横浜パチンコ店アマテラス営業

神奈川県は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年4月10日から感染拡大につながるおそれのある県内の施設に対して、特措法第24条第9項に基づく、施設の使用制限等の協力要請を行ってきました。

1日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づいてより強い行政措置となる休業の「指示」を出した横浜市保土ケ谷区のパチンコ店は2日も営業を続けていて、午後3時の時点で店から休業の意向は示されていないということです。

県は引き続き、休業を求めていくことにしています。

引用元:NHK
  • 1日、パチンコ店(アマテラス)へ休業の指示を出す。
  • 2日、パチンコ店(アマテラス)は休業要請を無視、営業続行し3時の時点で休業移行示さず。
  • 神奈川県は引き続き休業要請を行っていく

アマテラス罰則は受ける?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を巡り、神奈川県は1日午後、要請に応じなかった横浜市保土ケ谷区のパチンコ店「アマテラス」に対し、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき休業を指示した。

 県は4月28日、休業要請に応じなかった県内の6店舗を県ホームページで公表。うち4店舗は1日までに休業を確認。残る2店舗のうち1店舗は、同日午後6時から休業すると県に連絡があった。県は営業を続けた場合、指示に踏み切ると「アマテラス」に伝えたが、応じなかったという。

行政処分にあたる指示は法的に従う義務が生じるが、罰則はない。

引用:毎日新聞

パチンコ店アマテラス、「休養すれば経営が苦しくなる」との休業要請に応じなかった理由をあげ、指示に従わなくとも罰則がないことをよいことに営業を続けている。

【画像】横浜パチンコ(アマテラス)長蛇の列

近隣住民による証言からも「普段の10倍くらい(客が)来ている。(開いてる店は)ここ一軒ですから、電車から降りてくる人が多かった」と、朝から続々とお客が店内に入っていく様子が伺えます。

神奈川県内で唯一営業となったパチンコ店アマテラスの周辺はマスコミも待機し、パチンコ愛好家への取材も行われて大変な騒ぎとなっていました。

パチンコ(アマテラス)経営者は誰?公営ギャンブルか

営業要請が出せるも営業を続けるパチンコ店アマテラス、2018年開店初日には政府関係者(安部晋三)、元警察局長(黒沢正和)からお祝いの花の画像がSNS上で話題をお集めるも、本当なのか?それとも炎上商法なのか?どちらにせよ現在もSNSで注目をあつめている。

現在、パチンコ店アマテラスについて会社情報を調査中、経営者情報に関してネット上には見つからず判明しだい追記…

横浜市パチンコ店アマテラス場所

住 所    神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1114-1
電話 045-371-8765
交 通     相鉄線 西谷駅 南口 徒歩1分
営業時間     9:00 ~ 22:45

アマテラスパチンコ愛好家「日本のルールが中途半端だから」

「自分らも違法行為をしているわけではないから通常通り自粛もしない」「したい人はすればいい。日本のルールが中途半端だから」

パチンコ店アマテラスはもちろん、パチンコ店へ通うお客も違法行為をしたわけではない、正論ともいえる意見。ここまでメディアで取り上げられ、世間からバッシングを受ける必要があるのでしょうか?パチンコ愛好家が悪いのでしょうか?休業要請を無視し営業を続けるパチンコ店が悪いのでしょうか?

日本のルールが中途半端。休業要請も休業指示も法的には従わなくても罰則はなく、中途半端な自粛が問題であることに目を向けるべきではないかと批判の矛先を今一度仕切りなおせる冷静さがほいですね。