2020年2月5日、内田勝正さんが亡くなられたとの報道があり、世間の注目が集まっています。生前の「水戸黄門」「大岡越前」などで演じた悪役はみる人を引き付けるものがありました。今回は死因、現在、若い頃の画像などまとめました。

スポンサーリンク

内田勝正の死因と現在

内田勝正さんが死去されました。

内田勝正さんの死因について、スポーツ報知は次のように報じています。

「水戸黄門」などに出演した俳優の内田勝正さんが1月31日に死去した。享年75歳。

内田さんは10年前に胃がんを患い、小康状態の中で同連合の役職を務めるなど実演家の就業状態の改善に尽力。昨年に体調を崩し、入退院を繰り返していたが、今年1月31日に亡くなった。今月2日に家族葬が営まれた。

(20202.5)

上記より、内田勝正さんは胃がんを10年前から患っていました。

完治はせず、体調を崩しつつも社会との繋がりを続けるも、2019年の1月31日に75歳で亡くなられました。

スポンサーリンク

内田勝正の現在

時代劇好きとしては、勧善懲悪のヒーロー(主人公)が目立つものだけど、悪役が居てこそ引き立つもので、そんな重要な脇役を演じていた内田勝正さん。

役者としてのお仕事は胃がんを患った2009年まで、「水戸黄門」に出演されていたようです。

その後は先述しましたが、体調がおもわしくない生活を送り、入退院を繰り返していました。

なかったようです。

亡くなられる直前は、表舞台にはほとんど顔をだされることもなく、中小企業等協同組合である

日本俳優連合の副理事としての仕事に就かれていました。

スポンサーリンク

内田勝正の画像

出典:https://twitter.com

スポンサーリンク

内田勝正動画

スポンサーリンク