沢尻エリカさんが逮捕され、主任弁護人を、「無罪請負人」として知られる河津博史弁護士が務めることが報道されました。敏腕弁護士の経歴と更に沢尻エリカさんどのようになるか、芋づる逮捕になるか調査してみました。

スポンサーリンク

沢尻エリカ弁護士河津博史の経歴がヤバイ!!

沢尻エリカさんの逮捕に伴い、弁護士として誰がつくのか注目の的となるや、なんと弁護団に河津博史弁護士が加わったとニュースで報じられ事態が一転するのではとマスコミ界でもどよめきが起こっています。

河津博史弁護士といえば、先日カルロス・ゴーンの主任弁護士も務めていることで有名な敏腕弁護士。今回は、沢尻エリカさんの弁護士に加わった河津博史さんについて見ていきます。

スポンサーリンク

沢尻エリカ弁護士河津博史の経歴

1995年:早稲田大学法学部卒業

1999年:最高裁判所司法研修所修了・弁護士登録・第二東京弁護士会入会

2003年:カリフォルニア大学バークレー校客員研究員(2004年まで)

2004年:日本弁護士連合会司法改革調査室嘱託(2014年まで)

2006年:法制審議会幹事(2007年まで)

2007年:最高裁判所刑事規則制定諮問委員会幹事(2016年まで)、早稲田大学大学院法務研究科非常勤講師(2018年まで)

2008年:日本弁護士連合会司法改革調査室室長(2014年まで)

2016年:日本弁護士連合会司法調査室副室長(2018年まで)、青山学院大学法務研究科特任教授、最高裁判所刑事規則制定諮問委員会委員(2018年まで)

2018年:日本弁護士連合会刑事調査室室長

引用元:霞が関総合法律事務所

 

更には、執筆活動も力を入れている様子で現在30冊の本を出版。

”若手” 弁護士と言われており、2019年で46歳または47歳。(弁護士界の中では若手になるのでしょうか。)

スポンサーリンク

沢尻エリカ弁護士河津博史の弁護士として世間に名を知らしめた訴訟内容

  • 2009年の郵便不正事件で厚生労働省の村木厚子元事務次官の無罪を勝ち取り
  • 2012年の陸山会事件で小沢一朗さんの無罪を勝ち取り
  • 日産自動車の前会長 カルロス・ゴーン被告の主任弁護士を務める

無罪請負人と名声をえる所以は、やはり世間が注目した村木厚子元事務次官の無罪を勝ち取りに引き続き、小沢一朗さんの無罪を勝ち取りが大きいようです。

沢尻エリカ弁護士河津博沢尻エリカさんの無罪勝ち取る?

沢尻エリカ弁護士河津博史、薬物反応が陰性となり即座に沢尻さんの弁護人となりましたが、おそらく無罪をとりに行く気満々なのでしょうか?

 

世間の声は…。

スポンサーリンク

沢尻エリカ弁護士河津博史・芋づる逮捕となるか?

関連記事:沢尻エリカさんが搬送された有名人御用達のあの大学病院とは?

 

世間では沢尻エリカさんの逮捕に続き次なる逮捕者がでると噂されています。

沢尻エリカさんの弁護人の河津博史氏が弁護に就き、沢尻さんの刑が軽くなることが高まっていることは予想されるとして、同時に周辺事実が明らかになると芋ずる逮捕の可能性は高くなるのではないでしょうか?

 

容疑を認めても証拠が出なければ作り話で立件は不能拘留延長期限は11月25日延長が認められなければ釈放となるのでその後大きな動きがあるかもしれませんね。

 

関連記事:沢尻エリカさんが入院した大学病院は有名人御用達のあの病院!!

関連記事:沢尻エリカ本名や国籍ヤバい?メディア報じないガチでヤバい裏事情

 

スポンサーリンク

沢尻エリカさんさいごに

今回は、

沢尻エリカ弁護士河津博史の経歴がヤバイ!芋ずる逮捕なるか?

についてまとめました。

沢尻エリカさんの損害賠償金は5億にも上ると言われていますが、果たしてどうなるのでしょうか?

無罪だろうが何だろうがイメージはついてしまったので、損害賠償金に無罪・有罪は関係ないかもしれませんね…。

スポンサーリンク