2020年3月23日、宮城まり子さんが亡くなれたことが報道され世間の注目を集めています。障害者施設「ねむの木学園」(静岡県掛川市)の園長であった宮城まり子さんについて、今回は【宮城まり子の現在、結婚(夫、子供)は?家族は?吉行淳之介との関係など】についてまとめます。

スポンサーリンク

宮城まり子の現在


2020年、3月23日宮城まり子さんについて次のように報じられています。

日本で初めての肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」を運営してきた女優、宮城まり子(みやぎ・まりこ、本名・本目真理子=ほんめ・まりこ)さんが21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。93歳。自宅は世田谷区上野毛3の22の5。

引用:毎日新聞

(2020.3.23)

 

上記より宮城まり子さんは、先月2月より体調がよくなく入院をしており回復ならず、3月21日に、「悪性リンパ腫」のため東京都内の病院で亡くなられました。

宮城まり子さん、養護施設「ねむの木学園」を運営、園長としてご活躍されていたのですが、結婚されていたのでしょうか?子供や家族はいっるのでしょうか?

スポンサーリンク

宮城まり子、結婚(夫、子供)は?

宮城まり子の顔の画像

宮城まり子さんって結婚してるの?してるとしたら相手は誰なの?

宮城まり子さんは結婚されていたのでしょうか?

調べてみましたが、亡くなられる現在まで結婚はしていません。

そして、夫や子供もおらず、一度も結婚はしていません。

しかし、心を許していた男性はおられたようで、そのお相手は、

作家・日本小説家の吉行淳之介(よしゆき じゅんのすけ)さんと交際されていて”よきパートナー”だったと語られています。

 

吉行淳之介さんは1994年に肝臓がんで約70歳に聖路加国病院ですでに亡くなられています。

宮城まり子さんと吉行淳之介さんはよきパートナーではありましたが、結婚に至らなかったのです。

なぜ結婚に至らなかったのかその理由は、吉行淳之介さんは結婚していたからなのです。

吉行淳之介さんは若い頃に結婚していて、女の子が1人おられ、別居状態でありました。

宮城まり子さんは吉行淳之介さんと出会ったときはすでに結婚されて約10年の月日が流れて更にはお子さんもいたため、結婚には至らずに、同居をともにし、事実上の伴侶という人生の選択をしました。

世間でいう不倫ということなのですが、なぜ2人は離婚しなかったについて、

2人が離婚しなかった詳し理由についてその詳細は公に明かされていません。しかし、吉行淳之介さんの妻が終生離婚に応じなかったといわれています。

更に、宮城まり子さんと吉行淳之介さん2人の間に子供がいるといった情報はありません。

スポンサーリンク

宮城まり子家族は?弟1人、父母

宮城まり子さんと吉行淳之介さんは結婚はせずとも、お互い夫婦同然の状態で同居はしていましたが、二人の間には子供はおりません。

では、宮城まり子さんには、他家族はいるのでしょうか?

こちらについて、調べてみると、

 

宮城まり子さんには弟が1人います。

弟の名前は、宮城八郎(さん)

宮城八郎さんは、作曲家として”宮城秀雄”という名前で活動されています。

小学校卒業、当時12歳で、宮城まり子さんは弟・八郎さんと共に吉本興業に入ったそうです。

スポンサーリンク

宮城まり子さんの両親(父、母)

宮城まり子さんが小学3年頃両親の仕事の関係で大阪に引っ越したんだけど、その2年後の小学5年生の頃に父親の事業が失敗して、母親も病気で他界し、小学校卒業同時に吉本興業に入ったのもお金を稼ぐために自分が働かないという家庭環境であったという生い立ちであります。

脳性まひの子の役を演じたことなどから障害児教育への関心を高め、68年に私財を投じて「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現御前崎市)に開いた宮城まり子さんですが、背景には、幼少期の経験が関係しているのでしょうか。。。

強い意志を持っていなければできないことだと思います。

立派な人だったことには違いないですね。

スポンサーリンク