西田淳裕(キンボシ)が大の相撲好きで、相撲芸人キンボシ西田さん。多数の力士との交遊もありまた、相撲観戦も頻繁に行っているようです。そんな相撲好きのキンボシ西田の学歴、経歴、どれほど相撲好きなのかもとめます。

スポンサーリンク

西田淳裕(キンボシ)プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

雷電 #長野県 #197センチ #西田178センチ

西田淳裕(@kinboshi_nishida)がシェアした投稿 –

生年月日:1987年08月02日

身長/体重:178cm /68kg

血液型:AB型

出身地:鹿児島県 大島郡徳之島町

趣味:相撲観戦(NHK大相撲中継(BS)、火曜バイキングの相撲担当や国技館での力士のトークイベントのMCなど相撲関係の仕事経験多数あり)/サッカー観戦(ユナイテッドFC鹿児島のサポーター)

特技:相撲に詳しく、現役力士の出身地、所属部屋、ワンポイント情報を言えます。/サッカー(鹿児島県ベスト16)/マラソン(フルマラソン完走経験あり)/伯方の塩を見分けれる/70センチをメジャーなしで測れる/山下智久さんの顔モノマネ(フジテレビ「ものまね紅白」に出演)

出身/入社/入門:NSC東京校 16期生

出演:「NHK大相撲中継」「アメトーーク」「やりすぎ都市伝説」「ものまね紅白(インドネシアの山P)」KKB「ぷらナビ+」MC

スポンサーリンク

西田淳裕(キンボシ)学歴や経歴

出身高校:鶴丸高校
出身大学:早稲田大学商学部

西田淳裕(キンボシ)さんの出身地は鹿児島県大島郡徳之島町(奄美諸島の1つ人口約1万人)

高校は鹿児島県内の鶴丸高校。

大学は早稲田大学の商学部(偏差値67)へ進学。

キンボシ西田さんのすごいところは芸人として活動していたのが大学在学中からで2010年にNSC東京16期生としてNSCに入学し大学と芸人活動の二足のわらじで活動しその後7年かけて早稲田大学の商学部無事に卒業。

 

また、西田淳裕(キンボシ)の実家は歯科医院でもあり育ちはとても良いのかもしれませんね。

ちなみに、歯科医の父はあまり相撲には興味がなかったそうです。

スポンサーリンク

西田淳裕(キンボシ)相撲好き!スー男と呼ばれる訳

そんな高学歴の西田淳裕(キンボシ)さんの趣味が相撲観戦。

 

5歳で相撲に出会って以来、高校時代から雑誌を読むほどの相撲ファン。

 

相撲ファンになったきっかけは、出身の鹿児島県は徳之島から、朝潮と旭道山が出ており、西田淳裕(キンボシ)さん5才のときに行われた横綱朝潮太郎の銅像の除幕式にやってきた小錦を見て「お相撲さんって、かっこいいな」と思ったそうです。

 

芸能人とかがやってくる島ではなくだからこそ出身の力士が大スター的存在で地元では旭道山が勝った日には花火があがっちゃうぐらい大騒ぎするほどで、小さい頃からおじいちゃんやばあちゃんと一緒にNHKの大相撲中継を毎日見て育ちどんどんのめりこんでいったそうです。

 

相撲愛がスゴイ為、西田淳裕(キンボシ)さんの力士の間での知名度はほぼ100%であり、更には力士の人たちからも愛されているようです。

特に、横綱白鳳関が西田淳裕(キンボシ)のことを気に入っており、交友関係があり一緒に飲みに行くほどの仲が良いそうなのです。飲み会の席では西田さんと白鳳関がコンビを組んで場を盛り上げることもあるそうです!

スポンサーリンク

西田淳裕(キンボシ)さんさいごに

「はなわ」や、“相撲ものまね”の「あかつ」のように男性芸人にも相撲通が増える中で「イケメン」で「お坊ちゃま」であり更には多くの力士から可愛がられている芸人キンボシ西田をきっかけに相撲ファンになる若者もでてうるのではないでしょうか。

“スー女”ならぬ“スー男”。キンボシ西田今後、大注目。

スポンサーリンク