エンタメ

桶田敬太郎の現在(死去)死因は?画像や動画!芸人辞めて音楽活動

桶田敬太郎の顔の画像エンタメ

2月27日、桶田敬太郎さんんがなくなるという報道がされ世間の注目が集まっています。今回は、桶田敬太郎の現在(死去)死因について更に画像や動画をまとめました。

桶田敬太郎の現在(死去)死因は?

関連記事:村田渚今も生きてる携帯番号の奇跡今も?伝説の天才芸人逸話動画!

桶田敬太郎さんが亡くなられ、デイリーは次のように報じています。

「ボキャブラ天国」などで活躍したお笑いコンビ・フォークダンスde成子坂の元メンバーだった桶田敬太郎さんが昨年11月23日に亡くなっていたことが27日までに分かった。48歳。桶田さんが取締役を務めていた芸能プロダクション「MR」がホームページで「桶田敬太郎は、広く創作活動に勤しんで参りましたが、昨年11月23日に病により永眠いたしました」と発表した。詳細な死因などは公表していない。

(20202.27)

上記より、桶田敬太郎さんは、2019年11月23日に亡くなりました。

48歳で亡くなられ、死因についての詳細の情報はありません。しかし、死因は”病”ということは間違いないです。

 

関連記事:関連記事:フォークダンスde成子坂の動画!相方の村田渚の画像お笑い界の逸材&天才

 

桶田敬太郎さんのツイッターは9月22日は更新されていて、病気や入院といった内容も一切公表していません。

桶田敬太郎の画像や動画

関連記事:村田渚今も生きてる携帯番号の奇跡今も?伝説の天才芸人逸話動画!

関連記事:フォークダンスde成子坂の動画!相方の村田渚の画像お笑い界の逸材&天才

 

桶田敬太郎の顔の画像

 

 

 

桶田敬太郎の現在まで経歴

桶田敬太郎さんは高校時代よりお笑い芸人を目指し中学時代の同級生・村田渚さんとコンビを組み高校卒業後に、活動を開始。

1990年に「フォークダンスDE成子坂」をコンビ名にして1991年にはテレビ出演を果たします。シュールな芸風ですぐに人気者なり、当時若手お笑いの世界では登竜門とされていた「GAHAHAキング」で23歳の時に第2代チャンピオンとなりました。

GAHAHAキングのチャンピオンの初代は爆笑問題、2代がフォークダンスDE成子坂、3代は後のM-1王者のますだおかだでした。

 

この頃は朝の番組「うるとら7:00」などでレギュラーを務め、ルックスも良く、人気もあり西のナイナイ・東の成子坂という位人気が有り、その後もボキャブラ天国などに出演し、若手芸人の中では当時トップクラスの人気芸人とし君臨。

 

周りの芸人達も桶田さんの事を「天才」と称していました。しかし、ボキャブラ終了後の1999年12月に突然引退しました。

桶田さん、村田さん、当時28歳で、引退理由は方向性の違いが原因だったそうです。

 

桶田さんは芸人を辞め、音楽の道に進みます。
一方村田さんは、ピン芸人として活動する事となり(後に鼻エンジンを結成)互いが別の道を歩んでいました。