ニュース

鳥取コロナ感染者の若草学園保育士の名前/顔画像「本人遊びに来たブログで断言」鳥取市は仕事の会議と嘘?

おだまりニュース

鳥取市の30代男性保育士の感染が確認され勤務先が「若草学園」であることが報じられました。行動歴について鳥取市が報じた内容に嘘があったとネットでは行動歴の特定がされている。

鳥取コロナ保育士感染!県内4人目

鳥取県と鳥取市は2日午後9時から合同対策本部会議を開催し、鳥取県内で約2か月半ぶりに確認された新型コロナウイルス感染者の情報などについて明らかにした。

感染が確認されたのは、鳥取市在住の30代の男性保育士。6月19日~21日かけて東京都を訪問したという。翌22日から26日にかけて勤務し、27日に車で島根県を経て広島県を訪問、その日のうちに再び島根県を経て帰宅した。28日には鳥取市役所で開催されたイベントに講師として参加したとしている。30日になって頭痛や鼻水などの症状がありつつも勤務。

7月1日に37度6分の発熱があり、医療機関を受診した際は「風邪」の診断を受けた。しかし翌2日も37度7分の発熱が続いたほか、味覚・嗅覚の障害があったことから発熱・帰国者・接触者相談センターに相談。PCR検査を受けたところ陽性と確認された。男性は今のところ軽症。家族4人はPCR検査の結果、陰性であることが分かった。鳥取県は、引き続き男性の濃厚接触者に対するPCR検査に取り組むとしているが、子どもを含む職場関係者など対象が広いことが考えられる。鳥取県内で新型コロナ感染者が確認されるのは4月18日以来約2カ月半ぶりで、4例目となる。

引用:FNN

勤務先:鳥取市立若草学園勤務

所在地: 〒680-0947 鳥取県鳥取市湖山町西1丁目516

職業:保育士(鳥取市職員)

性別:30代男性(5人家族)

鳥取コロナ感染者の行動歴

行動歴

  • 6月19日~21日:東京訪問
  • 6月22日~26日:若草学園勤務
  • 6月27日:広島県訪問
  • 6月28日:イベント講師として鳥取市内読み聞かせに参加
  • 6月29日:若草学園勤務
  • 6月30日:朝に頭痛、夜に鼻水と寝苦しさあるも勤務
  • 7月1日:発熱(37.6度)、医療機関受診し風邪と診断、仕事は休む
  • 7月2日:発熱(37.7度)、味覚障害発生

鳥取市内読み聞かせに参加

開催場所:鳥取市役所市民交流塔2F

絵本読み聞かせ参加者数:(午前の部、午後の部合わせて約90名参加)

家族はPCR検査中

鳥取コロナ感染者(保育士)の家族は現在PCR検査を受け結果待ち。

子供3人の風邪症状が発生しているのは1名

結果次第で家族である、子供の通園、通学先への対応は追って発表するとのこと。

※7月2日時点、陰性と判明。

鳥取コロナ感染者、東京で会食

鳥取コロナ感染者について、鳥取市長が会見では、「東京へは仕事に関連した会議、に参加し、参加者との食事をした。」と回答

詳しい内容は不明。

広島にも!鳥取コロナ感染

鳥取コロナ感染者について、鳥取市長が会見では、「広島については何か展示会のようなものに行かれたということだけはわかっている」と回答

現時点での詳しい内容は不明とのこと。

島根県にも立ち寄った

担当保健師が現在、詳しい行動歴を調査中。

若草学園について今後どうなるのか

明日から数えて14日間休業。

7月11日から再開予定。

若草学園保育士の名前、顔画像

匿名サイトである爆サイでは、保育士のブログ、ツイッターが特定されているようだが、正確な名前と顔画像(写真)の特定までは現時点ではまだされていない。