2020年1月16日、新型肺炎のコロナウイルスが日本国内で初めて検出される報道がされました。新型肺炎、日本のどこで初検出され、また新型肺炎、一体どのような症状なのでしょうか?そして気になる対方法などまとめました。

スポンサーリンク

新型肺炎日本どこ初検出?

新型肺炎「コロナウイルス」は一体日本のどこで見つかった(検出)のでしょうか?

共同通信では次のように報道されています。

 

政府関係者は16日、中国湖北省武漢市で発生している新型のウイルス性肺炎に関し、武漢市への渡航歴がある人が日本国内での検査で陽性反応が出たと明らかにした。日本国内での患者の確認は初めて。厚生労働省によると、新型肺炎に感染したのは神奈川県に居住する30代の中国人男性。今月6日に武漢市から帰国し10日に入院。15日に回復し退院した

(1月16日)

上記から、新型肺炎(コロナウイルス)は、神奈川県で初検出されました。

そして、日本の方ではなく、中国人の方が発症しました

 

スポンサーリンク

新型肺炎の症状や対応方法は?

新型肺炎が発症した場合一体どのような症状なのでしょうか?

また、対応方法はあるのでしょうか?

 

中国の湖北省武漢で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、武漢に渡航していた神奈川県在住の男性が日本国内で肺炎の症状を訴え、検査の結果、新型のコロナウイルスが検出されたことが厚生労働省への取材でわかりました。

引用:NHK NEWS WEB

 

肺炎の主な症状は、高熱呼吸困難の状態です。

37℃以上の体温、のどの痛みや咳がある場合はまず医療機関へ行かれることをおすすめいたします。(20201.29時点で報道機関より警告されていました)

新型肺炎も一般の肺炎の症状と変わりがないとのことです。

 

今回の肺炎は、これまでに武漢市で41人が発症し61歳の男性1人が死亡している。
患者は、同市中心部の海鮮市場(華南海鮮城)に出入りする人々が中心で、3日以降は中国で新たな患者は確認されていない。

 

世界保健機関(WHO)によると、肺炎患者の治療法については、現在のところ対症療法しかないとしています。新型ウイルスの発生や、人にどのように感染するのかは調査中だ。現時点で人から人への感染は確認されていないというが、WHOは今後も分析が必要だとしている。

 

男性は武漢市の海鮮市場には立ち寄っておらず、中国で肺炎患者と濃厚接触の可能性があるという。国立感染症研究所で検査で確認された。

引用:ハフポスト

上記より、武漢市で41人が発症し61歳の男性1人が死亡⇒3人

※1月29日報道より、中国全土で5976人感染 死者は132名

新型のコロナウイルスはSARSほど致命的な病原性はないということのようですが甘く見ると死に至ることもあるようです。

現時点では、これといった対応方法はなく、肺炎患者との濃厚接触を避けることがまず簡単にできる対処方と思われます。

※1月16日の時点で”新型肺炎の感染は人から人への感染するとされると報道がありました。

 

スポンサーリンク