ニュース

(島根コロナ)立正大淞南高校クラスター誰?「マスクもせずに…」

ニュース

2020年8月9日、島根県松江市で91名の新型コロナウイルスの集団感染が明らかになりました。

立正大学淞南高校の場所、クラスター誰なのかまた行動歴、感染経路、濃厚接触者の数など追っていきます。

松江で集団感染 80人が同じ寮

島根県と松江市は9日夜に会見を開き、県内で新たに92人が新型コロナに感染したと発表しました。

このうち88人が、8日に感染が確認された男子が通う正大淞南高のサッカー部の関係者で、80人が寮に入居する生徒、6人が自宅から通う生徒、2人が教職員だということです。

感染した生徒88名は全てサッカー部で、そのうち80名が寮(サッカー部専用”陽光寮”)で生活しており、8名は自宅で生活しているとの事です。

立正大学湘南高校はスポーツの強豪校(男女共学)で、全国から生徒が集まり寮生活をしています。寮は合計7棟あるということです。

●今後の入院先など

・感染した生徒のうち軽症を含め症状がある人は医療機関へ入院
・無症状の人は寮で療養
・陰性だった生徒のうち、寮生活をしていた人は出雲市内の施設へ移り健康観察を行う予定

立正大学淞南高等学校の場所

〒690-0033 島根県松江市大庭町1794−2

2020年8月9日、島根県松江市で91名の新型コロナウイルスの集団感染が明らかになりました。

9日の午後11時45分から島根県知事と松江市長が合同で記者会見を行いました。

記者会見によると、91名の感染者は松江市大庭町にある立正大学湘南高等学校の生徒および職員・関係者で、88名が生徒、2名が教職員、1名が同校に出入りする関係者です。

一切感染経路を公表しない「終始上から目線」

本人の同意がなければ、たとえ不特定多数と接する職業であったとしても、一切行動歴を公表しないのが、島根県、松江市のスタンスだそうです。終始上から目線での会見ですわ。

91名のクラスターの行動歴(感染経路)、濃厚接触者の数などについて、会見では公表されず新しい情報が入り次第お知らせします。

クラスターは誰?「マスクもせずに…」

高校生は緊急事態解除後、県外遠征に行っていたようで、クラスター発生の原因は県外への大会参加が原因の1つと考えられているようです。

記者会見では、大会の参加の詳細は、個人特定になるので開示しないと報じていました。

また地元住民によるツイッターに寄せられた内容からマスクの着用が徹底されていなかったのです。

出雲市住みですが、本当にショックです
近くのコンビニに部活のバスであろう中学生か高校生の集団が居たのですが
みんなマスクもせずに
怖かった
こっちはコンビニでも外出はマスク必ずしてるのに
やっぱりな、です

生徒86人感染 犯人探し慎んで – Yahoo!ニュース
犯人探しを謹んでって…
犯人は、遠征をさせた学校じゃん。
何で、マスクもさせずに大阪に遠征試合しに行った?
サッカーボールと同じで、頭の中は空っぽか?
スポーツ馬鹿って、やっぱり馬鹿。

どこに91人も隔離「病床数は」

 県の発表によれば、合計250床確保しており、さらに軽症者用の宿泊施設もおさえてるとのことです。

島根県公式HPによると、感染症指定医療機関は以下です。

  • 松江市立病院 
  • 松江 国立病院機構松江医療センター
  • 雲南 雲南市立病院
  • 出雲 島根県立中央病院 
  • 大田 大田市立病院 
  • 浜田 国立病院機構浜田医療センター
  • 益田 益田赤十字病院
  • 隠岐 隠岐広域連合立隠岐病院