入院している間は家事をせず産後の疲労回復と育児のみに専念できますが退院すれば慌ただしい毎日を過ごすことになりますよね。

みなさんは産後の体の回復はどうでしょうか?
私の場合順調な回復の道を歩むことはありませんでした…。
産後2ヶ月を過ぎたころから膝はおむつ替えのたびに痛みが走り、手首はお箸を持った瞬間痛みが走ったのが最初で痛みが一向におさまらず整形外科に駆け込むことに。
診断の結果は腱鞘炎

腱鞘炎になって、治療法もなく 湿布を貼りとにかくサポーターを巻いて育児を頑張っている産後のママは少なからずいるのではないでしょうか?

2人目出産後に腱鞘炎になりたくなかったため工夫をしました。よかったら参考程度にしていただければ幸いです。

腱鞘炎と育児 改善策は?

出産を機に育児による腱鞘炎でなやませれているママも少なからずいるのではないでしょうか?

しかし、育児中である限りおむつは1日多くて10回近くかえますよね。赤ちゃんが泣けばすぐに抱っこをしますよね。掃除も洗濯も風呂洗いも何をするにも手首を休ませるなんてできませんよね。よく考えてみると育児は手首をものすごく使っていたんですよね。

1人目の産後は腱鞘炎のため一年半も整形外科に通うこととなりました。
整形外科に行ったところでも実際はマッサージと電流を手首に流して一時期的に痛みを緩和するにすぎず根本的な解決は手首の使用をやめるしか改善の余地はなく大変長い治療となりました。

現在腱鞘炎のママはどうですか?子供を抱くのもベビーカーを押すのも家事をするにも四六時中痛みが走り痛くて仕方ないですよね?

そしてめんどうなことに、手首にサポーターを毎日巻いて生活していましたが、巻いていようが痛いことには変わりがなく、水仕事をする度に取らなくてはならず継続的に巻いて生活はできていませんでした。

腱鞘炎になる前の事前準備

現在、腱鞘炎で痛みを抱えながら育児を頑張っているママは少しでも痛みがおさまるといいですよね、そしてこれから出産を控えている人も産後腱鞘炎にならないようにできる限りの対策はしていたくはありませんか?

1人目の産後で膝と手首の腱鞘炎で痛い思いをしたので、2人目出産後はもう二度とあの痛みが起こらないように事前に策を打てないものかと必死に考えて、私なりに工夫をした結果、膝も手首も痛くはならずスムーズに育児を進めることができています。

あくまで、私が実際に取り入れてよかった痛み対策をご紹介しますね。

参考程度ですが…。

妊娠後期に入り出産が近くなる頃からサプリメントを摂取しはじめてみました。

 

●摂取したサプリメントの内容

ビタミンC
Ⅱ型コラーゲン
コンドロイチン
グルコサミン
MSM

 

産後の不調として多く上げられる症状の膝や手首の痛みですが、妊娠中から準備をしておくだけで産後の育児が随分と楽になることを、私の体験を通し実感しています。

妊娠初期からではなく後期の出産が近づいてきてから、サプリメントを摂取し続けておくだけで腱鞘炎による整形外科への通院と手首のサポーターをせずに、今なお生活することができていることがとてもうれしくてなりません。

初めての出産を控えている人で普段重いものを持ち歩くことがない人や、私は高齢出産だったので産後に膝に痛みが出たのかもしれませんが。

とにかく2人目産後は痛み無く育児できていますよ!!

さいごに

ポイントとして、
とにかく出産が近づいてきたらサプリメントの摂取をするといいかもしれませんよ。
あくまで私の経験上、参考程度にということでのおすすめですが事前準備の大切さを現在育児真っ只中で痛感しております。