ニュース

大久保愉一(よしかず)「アスペルガーの夫にはつとまらなかった」妻の大久保三代が離婚決意!往診は殺処分バイトか

大久保愉一(よしかず)容疑者、京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして逮捕された。

大久保愉一容疑者がアスペルガー症候群であること、クリニックの評判、場所、Twitterについて追っていく。

大久保愉一はアスペルガー症候群

全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性に薬物を投与して殺害したとして呼吸器内科医の大久保愉一容疑者。

大久保愉一(よしかず)容疑者の妻で元自民党衆院議員の大久保三代が、自身の公式ブログで夫である大久保愉一がアスペルガー症候群であることを激白した。

大久保愉一容疑者の妻、大久保三代の公式ブログ「いつみてもsocial work」

大久保愉一(よしかず)容疑者がアスペルガー症候群であることを公表した妻の大久保三代さん。

大久保愉一容疑者との間に2012年に子供が生まれ、同年の衆議院選挙では比例東北ブロック(宮城5区)にて初当選をはたしています。

アスペルガーの夫である大久保愉一容疑者を政策秘書として、志を共に仕事ができると思い衆議院選挙に当選しましたが、実際のところ「夫は秘書の仕事をやる約束を破りました。」と秘書の仕事はつとまらなかったと告白しています。

妻の大久保三代さんの思わく通りの秘書とはならず、大久保容疑者が選んだのは精神科医としての道だったのです。

大久保三代「9年の結婚生活終止符」離婚宣言

 

アスペルガーの夫である大久保愉一(よしかず)容疑者を支えてきた妻、大久保三代さん。

しかし、今回の逮捕で9年間の結婚生活に終止符を打つ決意をブログで表明していました。

私は研究者になる夢も、自民党の議員を続ける夢も諦めて、夫のペースに合わせて、夫でもできることを一緒にやって、小さな幸せ築いてきたのにな。

私の結婚生活9年間はなんだったのかと。

残務整理を終えたら、夫とは離婚します。

引用:大久保愉一容疑者の妻、大久保三代の公式ブログ「いつみてもsocial work」

名取市でクリニック開業「患者をなんだと思ってるの」

大久保愉一容疑者、2018年に仙台でクリニックを開業。

医療機器などの高額な危機をそろえる必要もないということから精神科を選択しクリニック『おおくぼ呼吸器内科 メンタルクリニック』を開業。

主にメンタルケアや緩和ケアに力をいれ、ホスピスの運営も手掛けていた。

おおくぼ呼吸器内科 メンタルクリニックの場所

〒981-1226 宮城県名取市植松3丁目5−24

実際の診療はどうだったのか口コミを調べてみたところ、急な出張で不在が多く患者からの評判はよくなかったようです。

「急な出張が入ったので予約変更お願いします。」と、受診当日に連絡が。
出張って、前もって分かるのでは?と思ったが、了承しました。仕事を、患者をなんだと思ってるのでしょう。 こちらはスケジュール調整してるのに。 検査もしないで、薬を処方。 電話に出る女性は冷たい対応。 先生の人柄は良さそうでしたが、残念です。 星1つも付けたくありません。
(おおくぼ呼吸器内科 メンタルクリニック利用する患者)

大久保愉一容疑者のTwitter「高齢者は見るからにゾンビ」

大久保愉一(よしかず)容疑者はブログやTwitterで積極的に情報を発信していました。

「高齢者は見るからにゾンビ」などとネットに仮名で投稿し、高齢者への医療は社会資源の無駄、寝たきり高齢者はどこかに棄てるべきと優生思想的な主張を繰り返し、安楽死法制化にたびたび言及していました。

高齢者を「ゾンビ」とTwitterで投稿を繰り返す大久保愉一容疑者

大久保愉一容疑者のブログ

往診は医療行為「殺処分バイト」

嘱託殺人の疑いで京都府警に逮捕された医師の大久保愉一容疑者。

妻である大久保三代さんが、宮城県名取市で記者団の取材に応じ「旦那はよくアルバイトで医療行為をやっていた」と明らかにした。

金が絡んでいた事件。被害者は約100万円で医師2人に殺害を依頼したと報じられている。

選挙ばかり出馬する妻の為にお金必要だったからなのか?

クリニックの口コミをのぞいてみると、診療時間は守れてないとある。 大久保愉一(よしかず)容疑者は他の病院で働いてない時間帯だけ診療していたようだが、 実際のところ不在を往診として何をしていたのだろうか?