エンタメ

岡田晴恵の経歴や結婚は?プロフ!年齢の割にかわいい?医師免許取得など

今回は岡田晴惠さん経歴や結婚はしているのか、またプロフィールや年齢の割にかわいいとの噂についてまとめました。新型コロナウイルス感染拡大により、専門的知識を取得している有識者が毎日テレビに出演し解説をしていますが、岡田晴惠さんも同じくその一人。ここ最近では特にテレビで見ない日はない程ですが、案外と彼女について知っている方って少ないようなのでまとめました。

岡田晴恵の経歴

テレビにここ最近は、頻繁に出演されていて、感染にについて詳しい方なんだな。。ってな程度でしか思っていなかったのですが、岡田晴惠さん一部ではコロナの女王などという呼び名までつくほどコロナ感染でひっぱりだこ状態のようです。
しかし、その詳しい経歴は案外知られてないようなのでまとめていました。

 

1963年生まれの岡田晴惠さん。今年(2020年)で57歳です。

岡田晴惠さん、共立薬科大学、大学院薬学研究科修士課程 修了されて、現在は慶應義塾大学薬学部に所属されているようです。

 

岡田晴惠さん、大学では薬学専門にべんきょうされていました。

 

岡田晴惠さんの出身大学は共立薬科大学。こちらでは大学院まで進まれました。
※薬学部は 4年制とはいっても、9割の学生は卒業後に大学院で2年学び結局6年大学に通学するのが一般的

 

その後、薬剤師になられたかはわかりませんが、医学への道へ志されたようで、医学部編入をされ、順天堂大学医学部へと進学されます。

順天堂大学医学部では大学院博士課程中退。おそらく、単位取得退学である必要な単位だけ取得して退学されたようです。

そして、日本を離れ、ウイルス専門の海外の大学であるドイツマールブルク大学医学部ウイルス学研究所へ留学。こちらでは何年間留学されていたかはわかりませんが、ウイルスに関する知識を身に付けられたようで、帰国後は国立感染症研究所ウイルス第3部研究員としてネット上では2009年前後はこちらに勤務されてたようです。

そして、国立感染症研究所研究員を辞められ、現在(2020年)白鴎大学教育学部特任教授をされていると同時に慶応大学薬学部にも所属されているようです。

 

岡田晴恵さん社会派小説など著書多数ああるようです。

[岡田晴恵]の隠されたパンデミック (幻冬舎文庫)

岡田晴恵、プロフィール

岡田晴恵,データ捏造疑惑,コロナ,白鴎大学教授,女王

名前:岡田晴恵(おかだはるえ)
生まれ:1963年
出身:埼玉県草加市
年齢:57歳
専門分野:感染症学、公衆衛生学、児童文学、ワクチン学
資格:薬学修士/医学博士
最終学歴:共立薬科大学大学院薬学研究科前期/順天堂大学大学院医学研究科後期中退
その他:https://www.nhk.or.jp/radio/anshin/kansensho/では脚本と監修を務めるなど、感染症についての啓発活動を行っている。

岡田晴恵、結婚は?

岡田晴恵さんについてのプライベート情報である結婚についての情報はネット上探してはみたものの、経歴については見当たりますが、プライベートに関しては見つかりませんでした。

テレビを出演している岡田晴惠さんの薬指には指輪がされていないので独身なのかもしれません、しかし結婚されている方でも結婚指輪をしない方もいるので、独身なのか結婚されているのか定かではありません。

そんな岡田晴惠さんですが、2009年に国立感染症研究所を退所しており、文春砲では上司との不倫などとの報道もありましたが、本人が公表した形はないので真実かはわかりません。

岡田晴恵、年齢の割にかわいい?

1963年生まれの岡田晴惠さん。今年(2020年)で57歳となられる岡田晴恵さんですが、一部のファンの方からは「かわいい」や愛称「はるっぴ」などとささやかれているようです。そしてテレビに出演した時の服装も視聴者の間では話題となっており、近頃は派手になったなどいろいろとツイートされている文様す。

岡田晴恵、医師免許持っていない?

 

経歴では順天堂大学大学院医学研究科後期中退となっているので、医師免許がないのではとネット上では声が上がっているようなのです。
岡田晴恵さんの経歴で、医学博士は取得されているようなのですが、医師免許はお持ちではないようですが、実際のところわかりません。

そこで調べてみたところ、Wikipediaでは医師免許について参考になる説明がありました。
学士(医学)や、医師国家試験に合格し医籍登録を完了しいわゆる医師になることとは別に、大学院の医学系の研究科で博士課程を修了し博士論文の審査に合格するか(課程博士)、もしくは博士論文を大学の定める公聴会に提出して合格する(論文博士)と、「博士(医学)」が授与される。

博士(医学)になるためには、学術上の業績のみが要件となっており、医師免許の取得自体は必ずしも必要ではない。なお博士(医学)は医師免許とは関係がないため、医学部医学科を卒業せずに博士(医学)だけを取得したところで、医師国家試験の受験資格は与えられない。

引用:Wikipedia

現在では、医師免許を持たない者(主に医学部以外の理系学部卒業者)が医学系大学院で「博士(医学)」を取得する例が増加しているようで、岡田晴恵さんもその一人なのかもしれませんね。