婦人体温計で毎朝計っていると妊娠していると低温期に入らず高温期がいつまでも続くのですぐに妊娠したことに気付くことができますが、そもそも女性の体は一般に2パターンの体温を繰り返して生活していて、1つが月経から排卵までの約14日前後が低温期、2つめは排卵後から月経前までの14日前後の高温期ということを常に把握して生活している人なんてごく少数ですよね。

妊娠検査薬を使う前の超初期段階で、もしかしたら妊娠したかな?と気づく人もいれば月経が1回無く放置をしていたら突然のツワリ、ツワリを胃もたれと勘違いしていたりといろいろあるかと思います。
自身の体験も含めて妊娠超初期症状について、触れたいと思います。

スポンサーリンク

一般的に言われている妊娠超初期症状

倦怠感

胃もたれ

眠気

体が熱い

下痢

不正出血(少量で2、3日で終わる)

味覚が変わる

超初期症状を見てわかる通り体調が絶好調になることは稀なことで大抵は普段より不調気味へと変化することの方が多いと思います。私の場合、初期症状は1人目2人目の子、共に月経日を過ぎた辺りから39.0以上の高熱が出ました。
そして1人目のときは加えて突然の下痢が3日間ありました。
体調があまりにも不調だったため内科へと行き処方された薬を飲む前に念のため妊娠検査薬で確認したところ見事に陽性反応が出て妊娠を知ることとなりました。

スポンサーリンク

月経日付近での体調不良、実は妊娠してた⁈ すぐに薬を飲む前に…。

ここでお伝えしたいのは月経日前後での体調不良による薬の摂取です。

子供ができるようなことはない方は別として少しでも心当たりがある場合は、緊急事態でなければ妊娠検査薬でチェックしてから薬を飲んだほうがよいですよ。
妊娠超初期は赤ちゃんへの影響は少ないと言われていますが、処方された薬が妊娠していても飲んでよいのか必ず確認することを強くおすすめします。
また、逆に体調不良をいつまでも放置して生活をするのもよくないです。
私が通っていた産婦人科で妊娠中は薬を飲んではいけないと思いこみ、自然治癒にまかせ症状が悪化し、流産してしまった妊婦さんがいたのでくれぐれも軽い体調不良だったとしても放置せずとりあえず病院に行ったほうがよいと思いますよ。

スポンサーリンク

妊娠超初期でも検査薬でうっすらと陽性反応

これは私の経験上ですが、妊娠超初期で検査薬が反応するの?と思っている方いるかと思いますが日本のドラッグストアで売られているもののほとんどは超初期でも陽性反応がでました。感度は製品によって若干の違いはあるかもしれませんが、一般的に生理予定日1週間後から使用してくださいと説明があるかと思いますが、生理予定日でも妊娠していればうっすらと陽性反応がでます。

スポンサーリンク

さいごに

生理予定日付近での体調不良は要注意。
妊娠の心当たりがあれば、市販の妊娠検査薬でチェックしてから薬を飲むことをお腹の新しい命のためにもおすすめしますよ。

スポンサーリンク