2月22日、千葉市立中学校の60代女性教員が感染のが報道され世間の注目が集まっています。今回は千葉市新型コロナウイルスどこの中学校60代女性感染通勤電車は総武線ユーザーなのかについてまとめました。

スポンサーリンク

千葉市新型コロナウイルスどこの中学校

 

上記ツイッター情報とななります。

感染の確認された60代女性中学教員の勤務先は、

千葉市立幕張本郷中学校

●国語教員  マスクの着用状況は調査中
●書道部顧問、部活は昨日から休み
●症状が出ている生徒はいない
●教員の基礎疾患有無は不明

スポンサーリンク

千葉市新型コロナウイルス感染60代女性使用電車や最寄りは何線?

こちらもツイッター情報から、

通勤に使用していた電車は、総武線

感染教員は総武線(片道10分)で通勤していたということです。

千葉市立幕張本郷中学校の最寄り駅は「幕張本郷駅(各駅)」となります。

⇒幕張本郷~西船橋の区間がちょうど10分。

または、

⇒幕張本郷~西千葉の区間がちょうど10分。

※乗り換えなし、総武線のみ使用の場合

スポンサーリンク

千葉市中学教員新型コロナウイルス経緯

千葉県のホームページに経緯について掲載されていました。

年齢:60代

性別:女性

居住地:千葉県(東葛南部医療圏)

症状、経過:

2月12日:嘔気出現。県内医療機関Aを受診。
2月13日~19日(土曜日・日曜日を除く):県内(千葉医療圏)の職場に勤務。
2月18日:咳出現。
2月19日:出勤するも、体調不良のため昼に早退。
県内医療機関Aを再受診。インフルエンザ陰性、肺炎像を確認。
県内医療機関Bを受診し、発熱(38.5℃)が確認され入院。

2月21日:発熱継続(37.8℃)。検体採取(咽頭ぬぐい液)。検査の結果、陽性と判明。
2月22日:県内医療機関Cに転院。

行動歴:発症前2週間以内に海外渡航歴はなく、肺炎患者との明確な接触も確認されていない。

職業:教員

濃厚接触者への対応:県外自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

引用:https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2019/ncov20200222.html

スポンサーリンク