テラハ関連(木村花死去)

遺書の内容は?木村花の自宅にてメモ発見!ダイイングメッセージ画像と犯人特定?決意は固かった

最後の写真テラハ関連(木村花死去)

23日木村花さんの自殺が報じられ、自殺に追い込んだとされる誹謗中傷が原因と言われています。警視庁が経緯を調査をする中25日、木村花さん自宅より遺書(メモ)が見つかりました。今回は木村花さんの遺書の内容、メモの画像、写真、捜査線上に浮かぶ犯人は誰なのかについてまとめました。

木村花の遺書(メモ)発見!

フジテレビで放送中の人気番組「テラスハウス」に出演し、死去したことが23日に明らかになった、女子プロレス団体スターダム所属の木村花さん(22)の東京都内にある自宅から、遺書のようなメモが見つかっていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 関係者によると、会員制交流サイト(SNS)上に、番組内での木村さんの言動などに対して非難するような投稿がされていた。警視庁が亡くなった経緯を調べている。

 捜査関係者によると、遺書のようなメモは数枚見つかり、周囲への感謝の気持ちが書かれていたという。

引用:共同通信

  • 木村花さんの東京都内自宅
  • 25日に遺書のようなメモが複数枚見つかる
  • メモの内容は周囲への感謝の内容など
  • 警視庁は生前より受けていた誹謗中傷を踏まえて死亡の敬意を調査中

木村花の自宅、亀戸の事務所近く

木村花さんが亡くなられた23日、亀戸の事務所周辺にある自宅から硫化水素(ガス)による異臭騒動により消防が駆けつける騒動があり周辺一部は大変な騒ぎとなりました。

木村花自宅

5ちゃん

木村花さんが所属していた事務所のスターダスの場所は、

東京都江東区亀戸2-33-4 (とうきょうと こうとうく かめいど)

ライオンズマンション亀戸第二603号です。

木村花さんの自殺現場となった自宅マンションは、所属事務所と徒歩圏内である場所にあり、3階に住んでいた花さん。亡くなった当日は消防隊員に心臓マッサージを受ける中、真っ先に駆け付けた同じ事務所のプロレス関係者が「起きろ、花! 戻ってきて!」と声を必死にかけるも花さんは意識が戻ることなくマンション近くの病院へ搬送され死亡が確認されました。

木村花自宅マンション

花さん所属事務所

木村花さんが所属する事務所スターダムの玄関にはすでに献花が添えられてありました。

遺書の内容と画像(写真)

現在、木村花さんの毒ガス(硫化水素)自殺についてネットでの花さんに向けての度の超えた誹謗中傷から自殺に追い込んだということが容易に推測でき警視庁は今回のメモ書きを踏まえ調査を進めている。

遺書はリビングで見つかり、母親に向けて「ごめんね。産んでくれてありがとう」などと書かれていた。ベッドの近くに薬剤の容器があり、警視庁は、木村さんが有毒ガスを発生させた可能性があるとみている。

引用:読売新聞

上記、読売新聞の報道内容から、木村花さんの遺書はリビングで見つかりました。その内容の一部は木村花さんの母親である木村響子(きむらきょうこ)さんに向けてで、

「ごめんね。産んでくれてありがとう」

などと書かれていたとのことです。報道ではその遺書とみられるメモの画像(写真)を報道を控えており、今後遺族である木村花さんの母親の了解次第で公になると思われます。メモは複数見つかっており、内容はあくまで一部が報道されています。木村花さんが自殺する直前の全てのメモの内容については報道があり次第、追記していきます。

木村花(女子プロレス)死因はなぜ?リスカ自傷行為カマってチャン!無視され「さようなら」

木村花の母

生年月日: 1977年3月19日 (年齢 43歳)
生まれ: 神奈川県 横浜市
身長: 165 cm
引退: 2017年1月22日
子供: 木村花
日本の元女子プロレスラー・総合格闘家。神奈川県横浜市出身。血液型AB型。プロレスラーとしてはフリーランス、総合格闘家として坂口道場一族所属。スターダム、プロレスリングWAVE、センダイガールズプロレスリング、JWP女子プロレスを主戦場としていた。娘はプロレスラーの木村花。元夫は総合格闘家のISAO。
引用:Wikipedia

犯人特定?決意は固かった

木村花さんの自殺の現場となった自宅からは遺書とみられる複数のメモが見つかりました。報道ではその内容の一部が公表されました。その内容は木村花さんの母親である木村響子(きむらきょうこ)さんへ向けてでした。

木村花さんが、最後に残したメモの内、花さんを死に追いやった原因とされる誹謗中傷の主犯について触れていたかについて報道はされておりません。木村花さんが最後に書き記した直筆のダイイングメッセージ。手書きで思いを綴って自殺を図った彼女の死の決意は固かったと見られます。彼女のファンであろうがなかろうが本件についてこのメッセージ内容は目を見張らずにはいられない。

その理由は、誹謗中傷を執拗に投稿し木村花さんを死へと追い込んだであろう犯人特定の手がかりが記されている可能性が高いからであることが想像できます。犯人特定と、彼女の本当の死へと追いやった理由が明かされる日は間違いなく近いはずです。

一部のメディアにより木村花さんの誹謗中傷に加担した人物について特定が行われており、その詳細について今後わかり次第追記致します。