エンタメ

金正恩の病名は?肥満で父と同じ心筋梗塞?こんな時期になぜ重症なの

金正恩委員長病気エンタメ

4月21日、金正恩(キムジョンウン)氏が手術を受け、術後の回復が思わしくないとの報道があり世間の注目が集まっているようです。今回は金正恩の病名についてと、糖尿や高血圧などの持病が原因で手術になったのか、こんな時になぜ手術したのかについてまとめました。

金正恩の病名は?

金正恩氏は4月12日に心血管の手術を受け術後の様態が「大変危険な状態にある」と報じられ、世間の注目が集まっているようです。

4月11日を最後にその後は、15日の金日成主席(故)の誕生日の「太陽節」に表に現れず、世間では健康状態が悪いのかと様々な憶測がされている矢先の「危険な状態」との報道で、気になるのは一体何の病気

報道では、容体が「大変危険な状態にある」と報じられたのみ、手術の詳細については明らかにされていません。

河野太郎防衛相、21日午前中の記者会見では

報道は承知している。いろんな情報があるが、今コメントするレベルではない

上記の報道からも、金正恩氏の病名については公に発表されておらず、時期が時期なだけに本当に病気なのか?などネットでは憶測が飛び交っています。

金正恩父と同じ心筋梗塞?

ちなみに、金正恩氏の父である金正日亡くなった原因について調べてみました。

✔ 父・金正日2008年8月に脳卒中で倒れ、2011年12月17日8時30分、心筋梗塞のために死亡

金正恩氏2014年にも、手術を受け、内容は足首ののう胞を除去する手術を受けたことが報じられているのですが、世間では肥満が祟ってか、高血圧、糖尿病、脂肪肝、不整脈、たばこ吸うなら肺疾患など様々な病名が飛び交っていました。

金正恩こんな時期になぜ重症・手術?

しかし、またこのご時世になぜ手術なのでしょうか?

様々な憶測がされているようです。

金正恩氏の家系について一部では、

「金委員長の家系は太る体質があり、それゆえ心臓や循環器系で問題を起こしやすい」

とのネットでの情報がありますが、確かに肥満気味のような。。。。

それにあいまってか、度の喫煙や肥満、過労などから、健康に問題があるのではとの説が以前からあります。この時期にどうしても手術に踏み切ったには相当重症化していたのでしょうか?

詳細はまだ公表されていませんが、菅官房長官も今回の金正恩氏の連絡は入っているようで、詳細コメントは控えていました。

金正恩の病名は?肥満で父と同じ心筋梗塞?こんな時期になぜ重症なのまとめ

今回は、「金正恩の病名は?肥満で父と同じ心筋梗塞?こんな時期になぜ重症なの」についてまとめました。

4月19日、トランプ氏が金正恩氏より親書をもらった宣言に対して、北朝鮮が出していないと完全否定したことが報じられた矢先の今回の金正恩氏の術後の重症化の報道。

世間の注目が集まっているようですが、現時点では真実は公表されていませんが、金正恩氏に異変があったのはどうやら本当のようですね!

肥満が祟って、今回は心臓を傷めてしまったのでしょうか?父である金正日氏の死因が心筋梗塞とあって、ひょっとしたら同じ病なのかもしれませんが、こちらの真相はあかされておりません。

最後目でお読みいただきありがとうございました。