ポップコーン起業家と世界で唯一の肩書を持つ、渋川駿伍さん「マツコの知らない世界」に出演。
高校時代から企業センス抜群の素質をあらわし、地元長野の地方創生に向けて学生団体を設立し、高校生カフェを立ち上げるなどすでに起業家としての頭角をあらわしていたようです。
そんな渋川駿伍さんを深堀りしてみたいとおもいます。

スポンサーリンク

渋川駿伍さんは起業家として知的センス抜群?学歴や経歴は?

渋川駿伍さんプロフィール

生年月日:1998年4月24日

学歴:MITxMicroMasters(マサチューセッツ工科大学)オンラインコース1期生卒

現在の職業および活動:株式会社 noFRAME schools代表、ポップコーン協会会長

座右の銘:「Live As Though You’re Living a Second Time.〜2度目の人生であるかのように生きろ〜 by Viktor E. Frankl」

学歴や経歴

幼稚園、小中学校といじめられた経験がありそのせいか、常に自分がなぜ生きているのか?と考えていたそうです。

そんな幼少期からなんと環境問題に関心があり環境大臣を夢見ていたようです。

そして、同時に「自分が生きた証明」を社会に残したいと思いはじめたそうです。

高校は長野県にある須坂高校卒業。

偏差値は60以上あるようで、進学校出身のようですね。

高校時代ではスノーピーク(アウトドア会社の社長)にあこがれてここから企業家への志に火が付くこととなります。

高校時代からすでに起業家としてのセンスは抜群だったようで、学生団体を設立し高校生カフェを立ち上げます。

大学は日本の大学ではなくマサチューセッツ工科大学(オンラインコース)を卒業されていますが、ここでは、面白いことを成し遂げてます。

1年間のギャップイヤーを取得(1年~2年経験や学びを通して好きなことに時間をつかう制度)

日本ではこのような制度は聞きなれないので?ですよね。

渋川駿伍さんはギャップイヤー制度の1年間に日本をヒッチハイクし1か月間1円もお金を使わず生活をすることをしたそうです。

このヒッチハイクの経験によりお金をかけずに暮らす知恵や度胸、人に好かれる力、お金がなく生活する自信が生まれたのでしょうね。すごいですね…

その後マサチューセッツ工科大学(オンラインコース)の1期生として進学し同年には、株式会社noFRAME schoolsを創業してしまいます。

渋川駿伍さんの行動の指針が自分自身がワクワクするかそして周りの人もワクワクするかを常に照らし合わせているようで、自分にあった最適な学習をインターネットやLINEで提供するサービス。

教育コンテンツを持たない学校の校長ということになります。

従来の学習が苦痛で大変と思われていたものをワクワクするものにするのが狙いのようです。

内容はプログラミングの勉強に関して主にサービスを提供しているようなので習得したい方は使ってみるとよいかもしれませんね!

ポップコーン起業家渋川駿伍さん、なぜポップコーン?

渋川駿伍さんのもう一つの顔でしょうか、正式名称:JAPOCO日本爆裂豆協会の会長。

ポップコーンを漢字で書くと爆裂豆となるのでしょうか…

これまたなぜベンチャー企業の社長がポップコーンなのでしょうか?

やはりここにも彼の行動指針でもある「自分がワクワクするか。そしてそれを周りの皆んなにもワクワクしてもらえるか。」大きく関係しているようです。

また、渋川駿伍さんが高校卒業後に取得したギャップイヤーを過ごしているなかで、「お金を使わない生活」をする中、日本をヒッチハイクで回っているときに、ポップコーンがコミュニケーションのツールとして、そしてお金を使わないで生活するツールとしてとてつもない力を持つことに魅了されたそうです。

調べれば調べるほどに、ポップコーンの世界にのめりこみ素晴らしさを知覚。

ポップコーン愛が高じてポップコーンの魅力をよりみんなに知ってもらうために協会を設立することとなったそうです。

Twitterを見ると、活発に活動されているようで子供向けイベント等も開催しているそうなので、来ていただくと面白いことになりそうですね。

さいごに

肩書としては「ポップコーン起業家」ですが、過去、現在ともにさまざまな活動をされてきていおり、知的センスが本当に素晴らしいですね。

自分が「ワクワク」するか。それを周りのみんなにも「ワクワク」してもらえるか。というシンプルな行動指針の若き起業家。

過去の活動

・高校生カフェのオーナーを経験。

・お金を使わずにヒッチハイクで日本をまわる

・計23個のプロジェクトを立ち上げ、「シリアルプロジェクトリーダー」として名乗りを上げる

現在の活動

・教育コンテンツを持たない学校、(株)noFRAME shoolsを創設
facebookページ https://www.facebook.com/NoFRAMEschools/

・JAPOCO日本爆裂豆協会の会長を務め、日夜ポップコーンを弾けさせている。

・ブロックチェーンの仕組みで、価値の変動する奨学金をトークンでデザインするプロジェクトを立ち上げる。

 

渋川駿伍さんは現在21歳とまだ若いですが精力的に活動し続けている若手起業家。

今後の活躍に目がはなせませんね。