2020年2月19日、岩田健太郎さんが「COVID-19製造機」との動画で世間の注目を集めています。今回は岩田健太郎のコロナウイルス感染拡大について批判内容をまとめてみました

スポンサーリンク

岩田健太郎の批判内容・動画

 

岩田健太郎の批判内容

ダイヤモンド・プリンセスに入りましたが、何者かによって1日で追い出されました。感染対策は悲惨な状態で、アフリカのそれより悪く、感染対策のプロは意思決定に全く参与できず、素人の厚労省官僚が意思決定をしています。船内から感染者が大量に発生するのは当然です。すぐに船内のみなさんを(医療者たちを含めて)助けてあげねばなりません。

引用:YouTube

(2020.2.18)

スポンサーリンク

岩田健太郎を拒否する闇と心の底から怖いと初めて思ったその内容

岩田健太郎さん1日だけ、ダイヤモンドプリンセスにて調査実施。正直な感想は次の様に述べています。

ダイヤモンドプリンセスの中はものすごい悲惨な状態で心の底から怖いと思いました。
COVID-19感染してもしょうがないんじゃないかと。。。
本気で思いました。

2月の17日、厚労省の方からダイヤモンドプリンセスへの入ってもいいとの許可がで出る。

2月18日にダイヤモンドプリンセスへ入ってもいいとの許可。

この時点で、「環境感染学会の人を中に入れないという決まりができたので岩田氏を入れることはできない」

仕方なく災害対策のDMAT(ディーマット)として入ることをを提案さた岩田氏はDMATとしてダイヤモンドプリンセスへ入る予定でいるも

しかし、見えざる闇(官僚?)が岩田氏のダイヤモンドプリンセスへの入ることを阻止する

当日の朝、

「誰とは言えないけど非常に反対している人がいるとで入ってもらっては困る」

と告げられる。

なんとか、船内にはいれるようDMATのマットの職員の下で感染対策の専門家ではなくて DMATの一員としてなんとか入ることを許可が出る。

船内にやっと入る。

岩田健太郎さんがその時の様子を一言で。

「それはひどい」

以下、岩田健太郎さんの動画の内容そのまま書きました。↓

もうこの仕事に10年以上やってですねー
アフリカのエボラとか中国のサーズがいろんな感染症と立ち向かってきましたのでもちろん身の危険を感じることはあったんですけど、自分が感染症にかかる恐怖っていうのはそんなに感じたことはない。
僕はプロなので
自分がエボラににかからないように、自分がサーズにかからない方法っていうのを知っているわけ
です。または、他の人サーズにしない方法とかその施設の中でどういうふうにすれば感染がさらに広がらないかということも熟知しているからですそれがわかっているから・・・
しかし、
「ダイヤモンドプリンセスのなんかものすごい悲惨な状態で心の底から怖いと思いました。」
スポンサーリンク

岩田健太郎の批判ダイヤモンドプリンセスの中の様子

岩田健太郎が次のように船内の様子を伝えています。

「レッドゾーンとグリーンゾーンというんですけどウイルスが全くない安全なゾーンとウイルスがいるかもしれない危ないゾーンというのをきちっと分けてそしてレッドゾーンでは完全に tpp という防護服をつけ、グリーンゾーンでは何もしなくていいとこういうふうにきちっと区別することによって、身を守るというのは我々ます街の鉄則。」
「ところがダイヤモンドプリンセスはですねグリーンもレッドもぐちゃぐちゃになって、てどこが危なくてどこが危なくないのか全く分からない状態。」

岩田健太郎の批判ダイヤモンドプリンセス船内はプロの感染症対策の人いない状態

岩田健太郎さんは船内の様子を次のように伝えています。

「聞いたらそのそもそも常駐してプロの感染対策の専門家が一人もいない。」

船内は平気で患者さんと、ヒュッとすれ違うことも日常的に起こっており、
「えっ、今患者さんとすれ違っちゃったの?」と笑顔で職員の方が言っている状態。

 

我々、感染症対策のプロからしたら非常識な事態だと訴えていました。

更に、ダイアモンドプリンセスは常駐している感染症のプロは一人もいない状態であると公言していました。

よって現場の医療従事者もいつ感染してもおかしくない状態で、現場から離れて自身の医療現場に戻って院内感染させる可能性が現在非常に高い状態と伝えていました。

スポンサーリンク

岩田健太郎の批判聞く耳持たない管轄の「厚労省」のトップ官僚

岩田健太郎さん組織について次のように伝えています。

「やってのは厚労省の官僚たちでで私もこれはそのトップに相談しまして話ししました。けどものすごく嫌な顔して聞く耳ももたない。で、あのでお前こんなとこにいるんだ何でお前がそんなこと言うんだみたいな感じで知らん顔するということですで非常に冷たい態度。」

 

「岩田に対してすごいムカついた人がいると誰とは言えないけどお前はもう出ていくしかないんだって話をしました。」

以上より、岩田健太郎さんは現場の立ち入りはできない状態でありります。

一体なぜ岩田氏をここまで嫌い阻止するのでしょうか?

スポンサーリンク

岩田健太郎の批判コロナウイルス感染マネージメント失敗隠蔽?

「ダイヤモンドプリンセスの中で起きていることは誰も知らない。」そう訴えている岩田氏は次のように伝えていました。

検査をした pcr をの検査をした日をカウントしても感染の状態は分からないですと、このことも実は功労者の方にすでに申し上げてたんですけど何もされていない。
院内の感染がどんどん起きてももそれに全く気付かなければ、気づいてもいない、対応するで専門家もいないとうちゃ無茶な状態。
このことを日本の皆さん、あるいは世界の特に外国の皆さんなんかそうやってクルーズ船の中で耐えている。
「やはりさこれは日本の失敗な訳です。
けどそれを隠すともっと失敗の理由です。」
「ですけどこれを隠蔽するともっと恥ずかしい。」
スポンサーリンク

岩田健太郎の批判、情報公開した理由

岩田健太郎さんダイヤモンドプリンセスの感染の異常事態と厚労省の無知の状態について情報公開した理由を次の様に伝えていました。

「情報交換に大事なんですね、誰も情報公開しない以上はまあここでやるしかないようです。ぜひこの悲惨な現実を知っていただきたいということ。」

岩田健太郎さんは以上より、情報を共有したく公開したそうです。

スポンサーリンク