1人目はすんなりと子供を授かった!しかし次の子も同じようにできると思ったら大間違い!
いざ子供がほしいと思って毎月頑張っているもののなかなか妊娠しないそんなあなたは2人目不妊の可能性がるかもしれませんよ。

1人目自然妊娠している人で2人目を考えているのになかなか子供を授かれない状態が続いていないでしょうか?

特に気をつけたい二人目不妊、私が実はそうだったのでとりあえず早めにクリニックへ行くうことをおすすめします。。

気が付かない体の変化

そう、妊娠→出産→育児と現在に至るまでに体の老化が大きく進んでいたりします!!

まず、妊娠してからすぐにやってくる悪阻.、食事も喉が通らず四六時中吐き気の毎日、悪阻が明ければ急に食事の好みが変わったりと食生活が乱れたりします。私の場合食欲がとんでもなく以前より増し過剰」に食べて太りました。お腹が大きくなるにつれて歩くのもしんどくなります。なので運動しようと思ってもなかなかできません。そして出産、帝王切開の人であればお腹切ります。その後体力回復する前に育児が始まります。
ざっと考えても体のメンテナンスしている余裕ないですよね。

体のメンテナンスをしていたとしても、体の老化は進んでいますよね…。

じゃあどうすれば?

まずはあれ?できないと思ったら間髪入れずに生殖医療のある病院に行ってみることをおすすめします。気が付いた時には遅かったなんてならないためにも早すぎても問題ないと思います。

生殖医療に行く前に最低限の準備を!

先生に生理周期を聞かれると思いますなのでざっくりでもいいので把握しておいた方がいいです。おそらく問診欄に記入すると思います。

診察台で子宮の状態を観ると思うので脱ぎやすい服を着用していくといいと思います。

血液検査をすると思います。ここでの血液検査の内容は病院によって異なるとは思いますがだいたい以下のような検査項目かと思います。

・感染症各種検査(血液型、貧血、B/C型肝炎、HIV、梅毒)

・AMH

・風疹抗体

・甲状腺ホルモン

・ビタミンD

ちなみにAMH(アンチミュラーリアンホルモン)近年注目されている卵巣年齢。ビタミンDは値が低いと妊娠しにくいと言われています。

血液型、貧血など一般の健康診断などの検査項目と被るものもあるかもしれないので健康診断の結果やあるいは母子手帳を持っていくと検査項目を減らすことができ費用も安く抑えることができるのでおすすめします。

また排卵日が近いようでしたら精子検査を兼ねて人工授精を提案してくださるかもしれないので人工授精について知識を得ておくのもいいかもしれません。

初診の費用ですがだいたい3万円程度は用意しておいた方がよいかと思います。

また、予約してから病院へ行かれるかと思いますが、どの病院も生殖医療はものすごく待たされます。私の場合初診は半日以上かかりました。なので次の予定はゆとりをもっておいた方がいいともいます。

さいごに

寿命が長くなっていようが、アンチエイジングの技術が進んでいようが女性の生殖年齢は今も昔も変わっていないと思います。

子供がすぐにできないようでしたらすぐに生殖医療に行くのをおすすめします。