子供を授かりたいけどなかなか授かれない…。

月日だけが過ぎて変わらない毎日…。

思いが強ければ強いほど焦りが募りますよね。

子供がなかなかできず検査を受けてみたところ夫が精索静脈瘤とわかり急遽手術を受けることになったのですが、改善の未透視が経たない状態となることに。
不妊の多くが経過観察というんでしょうか、これといった決定的な改善法ってないんですよね。

年齢的な事や、時間だけが経っていくことに焦りを感じ、いつ改善するかもわからないので不妊治療に踏み切る事にしました
私の場合夫が重度の男性不妊だったため大抵はタイミング療法→人工授精→顕微授精とステージを上げていきますがいっきに顕微授精から入りました

治療期間はおおまかに排卵前、採卵、胚移植、判定と生活に区切りが生じます。
治療期間中とにかくよいと言われているものはできる限り生活に取り入れてみました。
これから不妊治療に取り組む方や現在不妊治療中の方など、少しでおお役に立てればと思います。

日常の服装

・ヒートテック2枚重 →毎日きていました(U字ネックタイプ+タートルネックタイプ)
・厚手の靴下 → 桐灰の足の冷えない不思議なくつ下
・ネックウォーマー → 書籍のおまけを着用
・張るホッカイロ → 尾てい骨あたりに毎日貼っていました。
・パンツスタイル → とにかく足を出さないようにしました。
・スニーカー → パンプスは冷えるので控えました。

日常の食事

朝は、アボカド+卵と純ココア+ショウガ+モリンガ+シナモンを牛乳に入れて飲んでいました。
昼は好きなもの。
夜は野菜中心。中でもよく食べた野菜はスーパーで手に入りやすこともあって玉ねぎとキャベツとブロッコリースプラウトをよく食べていました。
タンパク質元は肉と魚を一日おきに食べ、主食は白米に押し麦を毎回混ぜて炊いていました。

飲み物はルイボスティーと水、ノンカフェインコーヒー、清涼飲料は一切口にしませんでした。

おやつはたまにジャンクフードを食べたりもしましたが、なるべく食べないようにはしました。ドーナツが大事好きなのでよく食べていました。

※糖質を抑えるようにこころがけていました。

サプリメントの摂取

サプリメントは主にiherbから購入していました。(iherbは種類も豊富で安いので)中でも私が毎日欠かさず飲んでいたものは以下となります。

・リポソーマルビタミンC
・葉酸
・妊娠用サプリ
・ビタミンD
・ウムリン
・水素
・エビオス
・CoQ10
・DHA
・AGEシャット
・アスタキサンチン
・DEHA(途中から塗布タイプに変更しました)

運動

毎朝5時前に起床しウォーキングを30分以上はしました。
それ以外は何もしていません。

入浴

毎晩エプソムソルトを入れて10分以上湯船につかりました。

睡眠

なるべく10時までに寝るようにしました。
寝る1時間前はスマホの使用はやめ、寝るときもネックウォーマーと足首のウォーマーは着用していました。

その他

ヨガ・・自宅でDVDをみながら一人でやっていました。

瞑想・・とにかく不妊治療は終わりが見えないのでものすごく精神不安定な日々が続きます。された方なら皆さんお分かりだとは思いますが、採卵後や判定日はものすごく心が騒々しくなり無駄に疲労します。なので少しでも穏やかに生活をしたかったのでいろいろ調べた結果こちらの書籍をみつけ朝晩毎日瞑想を続けました。

さいごに

私の場合1年弱でしたが不妊治療を続けました。判定日前にフライングをして市販の妊娠検査薬で確認しては陰性結果に涙しました。

そんな私ですが。現在子どもを授かり元気な子を産むことができました。

いつかは必ず終わる日がきます。

ただいつかわからないだけですよ。

少しでも幸せに一日を過ごせることに努力していればきっとその人にとってよい結果になると思います。