ニュース

愛媛大学(准教授)トイレ盗聴は誰で顔画像は?過去に余罪も?再就職先で再犯の危険

愛媛大学ニュース

愛媛大学院理工学研究科の准教授男性が盗聴で女子トイレに侵入しました。今回は准教授は誰で名前や顔画像、余罪についてまとめました。

愛媛大学(准教授)男性トイレ盗聴

愛媛大は29日、大学院理工学研究科の元准教授男性が盗聴目的で大学内の女子トイレに侵入した疑いがあるとして、2月に建造物侵入容疑で愛媛県警松山東署に任意の事情聴取を受けていたと公表した。元准教授は問題の発覚後、依願退職した。  

発表によると、元准教授は2月7日、工学部の女子トイレにICレコーダーを設置し、出てきたところを男子学生に見つかった。レコーダーを回収して逃げようとした元准教授を学生が取り押さえ、通報した。  

愛媛大は、翌日に調査委員会を開き、元准教授は事実関係を認めたが、レコーダーに録音の記録がなく、本人が退職の意思を示したことも踏まえ、被害届の提出を見送ったという。  愛媛大は「教職員の倫理意識の啓発を推進し、より一層の綱紀粛正に努める」としている。

引用:読売新聞

  • 大学院理工学研究科の准教授男性が盗聴目的で大学内の女子トイレに侵入
  • 2月7日、工学部の女子トイレにICレコーダーを設置出てきたところを男子学生に見つかる
  • 男子学生がレコーダーを回収して逃げようとした元准教授を取り押さえられ通報
  • 准教授男性は退職の意思を示したことも踏まえ、愛媛大は被害届の提出を見送る
  • 5月29日准教授男性は依願退職した

誰で名前は?学生に買収まがいの相談も

愛媛大学の准教授(大学院理工学研究科)の男性、准教授ともなればゑ愛媛大学のHPに名前が掲載されていたはずですが削除された准教授の名前についての特定はされていませんでした。

5ch(2ch)や爆サイでも准教授については特定されていないため、人物を特定するには情報が不足している状況です。

しかし、5chには准教授に関係があると思われる情報が書き込まれていました。

愛媛大工学部の准教授?
ネット黎明期に学生ながら出会い系サイトつくってたアイツかな。

愛媛大学(准教授)の顔画像

5ch(2ch)や爆サイでも准教授については特定がされていませんでした。女子トイレに盗聴器を設置した准教授についての顔画像も名前同様に5ch(2ch)や爆サイでも准教授については特定されていませんでした。

准教授は初犯じゃない!過去に余罪がある?

5ch(2ch)や爆サイでも准教授については特定されはいません。人物を特定するには情報が不足している状況ですがしかし、5chには愛媛大学、盗聴犯の准教授の素行について関係があると思われる情報が書き込まれていました。

この准教授は学生に買春まがいの相談持ちかけたり猥褻未遂したり普段から素行が悪くてキモがられてたって噂だけど本当かな?

愛媛大学、問題の准教授は大学内の生徒の間ではその素行の悪さは有名だったと推定されます。大学内では日常的にお気に入りの女子生徒にはワイセツはもちろん、売春まで手を出していたということがネットでは情報が出ています。

「性犯罪常習犯として警察沙汰にならなかっただけで運がよかっただけのことです。以前から女子生徒にやたらくっついてきたり、嫌われ者でしたよ。今回の件で変態の極みだなと…。」(愛媛大学学生)

今回、変態行為を行い続け、大学内の風紀を乱す准教授男性を男子生徒が女子トイレから出てくるのを目撃し捕らえられたということですが、生徒たちの間では、今まで野放しにしていたこと事態に疑問符が出ていました。

「これ絶対大学側の男子生徒の中に、この准教授から盗撮動画もらってる人いると思います。警察はなぜ被害届なくても大学側を洗ってくれないんですかね。絶対に画像や動画が出て来ると思います。」(愛媛大学学生)

この盗聴准教授は単独で性犯罪をしていたわけではないのではないかと、一部の学生からは不安の声もあがっていました。

温情主義で再就職先での再犯の危険

愛媛大学准教授の女子トイレ盗聴事件。盗撮の場合レンズを向けるとなるとそれだけで見つかるリスクが高くハイリスク。そのことを踏まえレコーダーだけだったら隠して設置するだけだからバレにくくローリスクローリターン。准教授はリスクとリターンのバランスを考え計算し行動をとったと推定されます。

今回、准教授が依願退職したため、懲戒免職をしなかった報道しています。性犯罪者は繰り返し同様の犯罪を繰り返し常習犯が多いです。愛媛大学、准教授も同じく再就職先で再犯することは誰もが想像つくことです。

准教授の名前が公に出ていない以上、温情主義で裏で再就職を斡旋するかもしれない可能性も無いとは言えないわけです。

愛媛大学は、生徒の人権より、教員の将来の方が大事なんだな。資格はそのまま、次の大学に何食わぬ顔して再就職許したともいえる、恥ずかし対処でした。

しかし、多くの学生は見て見ぬふりするであろう中で、この男子学生、准教授を取り押さえ逮捕に導いた男意気は賞賛に値します。