ニュース

水沢夏美(長野市鬼無里)顔画像は?生活保護か「爺さんのハートを射止めたかった」長野のアマゾネス

ニュース

長野市鬼無里(きなさ)、無職の水沢夏美容疑者(28)が0代男性に矢を放ち殺害しようとし殺人未遂容疑で逮捕された。水沢夏美容疑者について顔画像、インスタ、facebook、twitte、男性との関係について追って行く。

事件現場の長野市鬼無里(きなさ)とは

長野市鬼無里は、総人口、2,069人(推計人口、2004年12月1日)。長野市といえど随分と山の中に位置しています。鬼無里(きなさ)という地名ももさることながら、こんな山奥に一人暮らしの28歳女性が住んでいたということも驚きではないだろうか。

きなさむら

こんな山奥に、一体なぜボーガンを所持し一人暮らしの28歳女性がが住んでいたのだろうか。

水沢夏美容疑者、ひょっとするとボーガンを護身用として所持していた可能性も推測できる。70代男性を猿と間違えて矢を放ったかもしれない。

実際には過去に知り合い同士であるにも関わらず「サルと間違え…」猟銃で撃たれた女性死した事例がある。

徳島県那賀町で29日、73歳の男性が猟銃で82歳の女性を撃ち、女性は死亡した。男性は「サルの駆除をしていて間違えて撃ってしまった」と話している。  警察と消防によると、29日午後5時頃、那賀町の竹やぶで現場近くに住む無職・畦内文美さん(73)が、竹やぶの中にいた会社役員・新井光代さん(82)を猟銃で撃った。新井さんは頭などを撃たれて病院に運ばれたが、死亡が確認された。畦内さんは「サルの駆除を行っていて、間違えて撃ってしまった」と話しているという。

2015・9.29

鬼無里村の水沢夏美。これだけでインパクトある今回の事件。山奥で更にはボーガンときたではないか。匿名サイトでは長野のアマゾネスなどと「伝説のアマゾネスって実在していたんだな」と注目されていた。

水沢夏美の顔画像は

水沢夏美容疑者、匿名サイトでは長野のアマゾネスなど半ばふざけた書き込みがされているようだが、実際のその素性はどのような女性だったのだろうか。

水沢夏美

※水沢夏美容疑者のTwitterアカウント検索結果

水沢夏美容疑者の顔画像をめぐり、インスタ、facebook、twitterを調査してみたが、現時点では、特定にたらず、報じられ次第追記していく。

水沢夏美容疑者、生活保護か「爺さんのハートを射止めたかった」

水沢夏美容疑者(28)と70代の男性とは一体どういう関係だったのかについて世間では注目をあつめている。


現時点ではこの2人の関係性について一切報じられていない。がしかし匿名サイトでは以下のような情報が見つかっている。

民生委員って、無給なのかもしれんけど、尊敬できる人はいるけど、
社会奉仕しているのがイキガイみたいな勘違いしている奴がいて、
民生委員ってことで、家庭内の事情まで立ち入ってきてさ。
そこで知ったことは他言無用のはずなのに、
ペラペラ喋る奴がいて、地域中の噂話になってしまう。
だから、嫌われるんだよ。

70代男性が民生委員だったのか。一人暮らしの水沢夏美容疑者の様子を見に「水沢さーん、お約束してた民生委員の者ですが…」ドアを開けるとなんとボウガン構えていたのだろうか。

70代男性は幸い矢が腕に刺さり命には別状はないという。

水沢容疑者、実のところボーガンの矢で射止めたかったのは心臓だったのかもしれない。どちらにせよ動機については今後追記していく。